« 玉木妙憂『死に行く人の心に寄りそう』2019年、光文社 | トップページ | 「美しき村」pp243-252「豆の葉と太陽」(『柳田國男全集』第12巻) »

2019年4月29日 (月)

酒井敏『京大的アホがなぜ必要なのか―カオスな世界の生存戦略』凸版印刷、2019年 スケールフリー 臨界状況

19世紀  ダーウィンが進化論を書くまでは 神が世界を作った

19-20世紀 「すべては因果律によって成り立ち、自然科学で未来予測が可能だ」=20世紀科学信仰

これを「ラプラスの悪魔」p29-32 とよぶ。            しかし、

1963年ローレンツ・アトラクター コンピュータによる完璧な天気予報は不可能という結論自然界はカオスだp40

1970年ロバート・メイ すべてのパラメーターを正確に決定できる単純なモデルにおいてすら、長期的な予測は不可能
   異なる電卓 (n2-2)ⅿ すべて異なる数値になる(極小少数第n位端数切り捨てが電卓によって異なるから)

【酒井仮説】社会全体は、自己相似のスケールフリー構造を持ち、ちょっとずつ異なって、大きく変わっちゃう臨海状況にあるという世界観 (カオス力学)

べき乗数(累乗数)が顔を出す現象はフィードバックがかかった状況だから、論理学的にはアブダクションが重要となる*類構造の発見

そして、自己組織化して臨界状況にいたる人間社会p200201

 ※複雑系ネットワークは、ランダム・混沌ではなく、スケールフリー性、スモールワールド性、クラスター性 すなわち構造をもっている

シェルビンスキーの正四面体=全辺の中間を結ぶと4つの正四面体ができる。これを繰り返すと、形はあるのに、積がない物体となる。      人間社会は、フラクタル構造なのである

【酒井の既知識批判】

これまでの世界観 ランダムモデル統計量に支配される

だから 限定的な 正しい原理 で構成し樹形モデル を描く

しかし、その前提に立って、決まったルールのもとの研究は、研究ではなくて作業であるp167

ランダムモデルは「死の状態」「烏合の衆」を前提としている →ランダムモデルの研究教育は、だからワクワクしない

そうではなくて

生物の進化とは、自己相似(コピー:遺伝)のなかでの差異(突然変異)=無目的試行錯誤の積み重ね p234 である。だから、小さな差異が、どんどん広がり、とんでもないガラクタ状況(臨界)になる

だが、ガラクタが集まり、ある程度の密度になる(臨界)と、一気につながる→おもろい。そんなとき、多様な遊び、毒を知っているアホが、臨機応変に対応して何とかしよる。

成功体験を得たアホは図に乗り、おもろそうな匂いがやみつきになり、さらなるアホ進化するp235

しかし、森栗のように、おもしろさに走り、毒を逆手にとって生きる方法は、実は非効率で、危険、失敗だらけ p163

論理的選択と集中の大学では、排除すべき対象 かも?

だが、

(臨機応変に意味もなく何でも結びつける)エンゲージメント経営が必要なとき
アホが対話の効用(雑談じゃない)によって、イノベーションをもたらす

20世紀科学信仰の偉い人から「対話してどないすんねん」と、どんなにアホにされても、アホが臨界状況の世界を救うんや。

 

 

|

« 玉木妙憂『死に行く人の心に寄りそう』2019年、光文社 | トップページ | 「美しき村」pp243-252「豆の葉と太陽」(『柳田國男全集』第12巻) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉木妙憂『死に行く人の心に寄りそう』2019年、光文社 | トップページ | 「美しき村」pp243-252「豆の葉と太陽」(『柳田國男全集』第12巻) »