« 川端祐一郎他「コミュニケーション形式としての物語に関する研究の系譜と公共政策におけるその活用可能性」 | トップページ | 町内会は義務ですか »

2017年8月 4日 (金)

非人、針、清須御園、乞食村、陰陽師、秀吉

服部英雄『河原ノ者・非人・秀吉』山川出版、2012年
 宮本常一「サンカの終焉」『山に生きる人々』を紹介し、天王寺駅西の市民病院のミカン山の莚小屋の大集落、都島橋の下の莚小屋集落を都市に定着したサンカとしている。p436
 秀吉は中村の生まれではなく、清須の三齋市がたった御園に育ち、後、中村の養父の下で育つという説もある。御園には御餌取屋敷があった。鷹狩のための生きた餌を確保していたという。秀吉の姉は、鷹匠弥介に嫁いでいた。清須には玄海という乞食村があった。秀吉の実父は不明で、母方は連雀(行商人)であった。秀吉には、針を売った伝承があり、連雀と針売りの意味を指摘したのは、石井進『中世のかたち』(中央公論、2002年)である。また秀吉は猿真似芸を供して針を売りをする伝承がある。秀吉は行商と雑芸を持つストリートチルドレンであった。秀吉がストリートチルドレンだとすれば、秀吉は清洲の乞食村玄海で拾われて育ったのではないか?という。pp561-568 状況証拠ばかりであるが、秀吉の周辺には非人や陰陽師が多数いたと類推される。
 そして、秀吉の子、鶴丸(早死)、秀頼は、陰陽師の設定した通夜参篭によって、淀殿が非嫡出出産(無種の秀吉の子でない)とした。その傍証には、宮本常一『忘れられた日本人』河内太子堂4月22日「一夜ぼぼ」が引用されている。秀吉の血でなくとも、秀吉の了解のもと、織田の血をひく女たちに、子ができることが重要であり、宗教的陶酔のなかで種が植えられた。ただし、秀頼のケースは、秀吉の承認は怪しく、妊娠発覚以後、激しい陰陽師払いがおきている。pp601-658

|
|

« 川端祐一郎他「コミュニケーション形式としての物語に関する研究の系譜と公共政策におけるその活用可能性」 | トップページ | 町内会は義務ですか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/71329642

この記事へのトラックバック一覧です: 非人、針、清須御園、乞食村、陰陽師、秀吉:

« 川端祐一郎他「コミュニケーション形式としての物語に関する研究の系譜と公共政策におけるその活用可能性」 | トップページ | 町内会は義務ですか »