« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月 6日 (日)

寄りあいワークショップ 山浦晴男『地域再生入門』

山浦晴男『地域再生入門』筑摩書房、2015年

 中身は、相互評価型KJ法の図化によるわかちあい応用実践である。それをわざわざ「寄りあい」と表現するのは、
 宮本常一『忘れられた日本人』の寄りあい を
・納得するまで話し合い
・誰かの意見が尊重されるのではなく平等に議論
  に特色を見ている pp51-52 からである。
納得、平等の議論の結果、それを見える化すると、「みんなの思いは同じという安心感」とが生まれ、これが日本人の原動力となった p80 と見ている。

KJ法の手法は、情報の見える化とその結果としての安心感・納得感の相互作用であろう。
 

| | トラックバック (0)
|

2017年8月 5日 (土)

場の論理とマネジメント と物語記述

伊丹敬之『場の論理とマネジメント』東洋経済新報社、2010年

 マネジメントの改革というと、組織や経営・場所の構造に解決策を求めたくなるが、本当は、わかりにくいディテールのプロセスこそ重要である(pp266-269)。
 
場:人びとが参加し、相互観察、コミュニケーションにより、情報の共有蓄積と心理的エネルギーのプロセスを生む枠組み。それは、外部指令無しに自己組織的に展開する(p31、42)

場の舵取りの経営的働きかけpp240-243
  舵取りのステップ          基本の経営行動
1 かき回す(ゆらぎを与える)   刺激
2 切れ端を拾い上げる     刺激と方向づけ
3 道をつける           方向づけ
4 流れをつける          方向づけと束ね
5 (仮)留めを打つ        束ね

 場のプロセスマネジメントのための舵取りの基本ステップ(pp240-243、修正)これがうまくいくと、情報の共有蓄積と心理的共振(連帯感)のみならず、解釈コードの共有化がなされる(p271、296)。
 事業の評価は、投資効果のような定量的なもののみではない。人びとの愛着とかやりがいなどは、アンケートの満速度で、無理やり説得しようとすることも少なくない。しかし、満足度は、結局、100%に近いものになり、評価事体の正当性が怪しい。むしろ、定性的な評価、たとえば誰もが、そうだろうな、なるほどと納得する物語記述が、評価として必要なこともある。
  こうした物語記述は、一種の間接コミュニケーションの時間差の場を提供しているともいえる。物語記述は直接のコミュニケーションではなく、コミュニケーションのための素材を提示するのであるから、その物語を読んだだけで、なるほどと心を動かされる(刺激と方向づけ)、言葉の「切れ端」が必要である。さらには、その言葉の切れ端から、どのようなコミュニケーションが期待されるかを示した、結論ではないが、一定の流れをつけておくことは重要である。
 たとえば、客観的な記述ではなく、顔の見える個人が発する、生活感覚から「言葉」の断片を拾ってくることが物語では重要なのだ。客観的な記述ではなく、かといって留めを打つ結論でもなく、物語記述者が物語とのコミュニケーションを示した「こんなことを感じた」「ここに気づいた」などの、流れを示すことも、物語記述では重要である。

| | トラックバック (0)
|

2017年8月 4日 (金)

町内会は義務ですか

紙屋高雪、小学館新書、2014年
 町内会は、行政縦割ごとの下請け(老人クラブ、婦人会、青少協、環境委員会、防災委員会、防犯委員会、交通安全委員会、衛生委員会、体育協会、社会福祉協議会、PTA)組織からなる校区自治団体協議会(p78)に含まれて、その持ち回り当番をする。これでは、現役の人や、子育て中の人は参加できない。会合に誰か出せと強要され、拒否するとつるし上げられた。(pp160-170)
 で、班会議と全員アンケートをしっかりとって、全員合意のもとに自治会を休会にして、校区には出ず、必要な餅つきなどを必要な人のボランティアでするようにした。会費もなく、必要なときに集める。
 長い会議、不寛容で論理的でない決定、連続する会議と義務、会計の不明朗さ…。こんなことをやめて、ライトな町内会を始めたようである。(p170-188)

| | トラックバック (0)
|

非人、針、清須御園、乞食村、陰陽師、秀吉

服部英雄『河原ノ者・非人・秀吉』山川出版、2012年
 宮本常一「サンカの終焉」『山に生きる人々』を紹介し、天王寺駅西の市民病院のミカン山の莚小屋の大集落、都島橋の下の莚小屋集落を都市に定着したサンカとしている。p436
 秀吉は中村の生まれではなく、清須の三齋市がたった御園に育ち、後、中村の養父の下で育つという説もある。御園には御餌取屋敷があった。鷹狩のための生きた餌を確保していたという。秀吉の姉は、鷹匠弥介に嫁いでいた。清須には玄海という乞食村があった。秀吉の実父は不明で、母方は連雀(行商人)であった。秀吉には、針を売った伝承があり、連雀と針売りの意味を指摘したのは、石井進『中世のかたち』(中央公論、2002年)である。また秀吉は猿真似芸を供して針を売りをする伝承がある。秀吉は行商と雑芸を持つストリートチルドレンであった。秀吉がストリートチルドレンだとすれば、秀吉は清洲の乞食村玄海で拾われて育ったのではないか?という。pp561-568 状況証拠ばかりであるが、秀吉の周辺には非人や陰陽師が多数いたと類推される。
 そして、秀吉の子、鶴丸(早死)、秀頼は、陰陽師の設定した通夜参篭によって、淀殿が非嫡出出産(無種の秀吉の子でない)とした。その傍証には、宮本常一『忘れられた日本人』河内太子堂4月22日「一夜ぼぼ」が引用されている。秀吉の血でなくとも、秀吉の了解のもと、織田の血をひく女たちに、子ができることが重要であり、宗教的陶酔のなかで種が植えられた。ただし、秀頼のケースは、秀吉の承認は怪しく、妊娠発覚以後、激しい陰陽師払いがおきている。pp601-658

| | トラックバック (0)
|

« 2017年7月 | トップページ