« 桂木『すれっからしの公共心』 | トップページ | 川端祐一郎他「コミュニケーション形式としての物語に関する研究の系譜と公共政策におけるその活用可能性」 »

2017年5月30日 (火)

道路空間再編は新たなステージへ

千田祐一郎「道路空間再編は新たなステージへ」『CFK NETWORK 』018、2017、p.p.13-14
 なんとなく欧州は、クルマ中心ではないカッコいい都市景観と承知していたが、若いコンサルタントの眼から、学ぶことが多々あった。
■ロンドンのエキシビジョン道路0.8㎞・・・人、自転車、バス、自動車が道路を共有する。統一した舗装デザイン、ガードレールや縁石をなくすと、運転手は注意してクルマを動かす。ロンドン市交通局によると、ガードレールを撤去するほうが事故率は提言する。
■道路でのクリスマスマーケット・・・フランスでは道路占有には使用料が発生する⇒日本の道路法の道路協力団体は無償で使用できる。もっと、協力団体の工夫をしやすくし、道路を中心とするエリアマネジメントを推進せねばならない。
■バルセロナのスーパーブロックプロジェクト・・・地区内自動車は時速10㎞制限⇒日本のゾーン30って、クルマに甘い。

|
|

« 桂木『すれっからしの公共心』 | トップページ | 川端祐一郎他「コミュニケーション形式としての物語に関する研究の系譜と公共政策におけるその活用可能性」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桂木『すれっからしの公共心』 | トップページ | 川端祐一郎他「コミュニケーション形式としての物語に関する研究の系譜と公共政策におけるその活用可能性」 »