« ソロー 野生 意思に応答する 自由・愉快 延藤安広の言葉 | トップページ | 大きな声に対処する 老人の役割 宮本常一 »

2017年4月12日 (水)

本田正明「地域に必要とされるゲストハウス開業合宿」に参加

よかネット126、2017年。
 車座の合宿の参加体験記。くるま座という形がおもしろい。そこに九州のコンサルの本田さんが参加して、記録を残しているのがおもしろい。
■夕飯、朝飯、風呂も必要なし。地域でシェアできる地域まるごと宿が良い。
■ペルソナ(想定する顧客像)を設定し、10年後もやっているイメージを持つ。楽しみながらやる。
■台所をビジターと地元との接点とする という本田さんのアイデア(空家活用)
■資金調達・事業収支 客単価3000円で2人スタッフをまわすには 300人の利用が必要
   ゲストハウスの稼働率は良くて5割なので、20人が泊まれる部屋
  ⇒でも、それは通常、難しい。
以上、 他の事業、新しい学校設置なんかでも結構、応用できるだろうと、思った。


 

|
|

« ソロー 野生 意思に応答する 自由・愉快 延藤安広の言葉 | トップページ | 大きな声に対処する 老人の役割 宮本常一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソロー 野生 意思に応答する 自由・愉快 延藤安広の言葉 | トップページ | 大きな声に対処する 老人の役割 宮本常一 »