« RFP 【 Request For Proposal 】 提案依頼書 | トップページ | 歩き遍路を授業として仲間と歩く意味(西川勝) »

2016年4月26日 (火)

方丈記・鴨長明・天命・天誅・無常・山折哲夫

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。
 『方丈記』の中で鴨長明は、安元3年(1177年)の都の火災、治承4年(1180年)に同じく都で発生した竜巻およびその直後の福原京遷都、養和年間(1181年~1182年)の飢饉、さらに元暦2年(1185年)に都を襲った大地震など、自らが経験した天変地異に関する記述
    =天命論⇒あきらめ
      天誅論
      精神論
       (廣井脩「災害と日本人 巨大地震の社会心理,時事通信社,1995 年」)

「受け入れがたい事実を抱えると、人は立ちすくんでしまい、耐えるのもつらくなる。宗教はこれに対処する糸口を持ちうる。今回の大地震で、改めて多くの人が宗教の必要性を感じているのではないか」
「(引用者注:末法と言われる世において親鸞の浄土真宗は)戒律を破らずには暮らしていけない人々でさえ極楽往生できる(救済される)と説いて民衆をひき付けた」
「日本列島に生きる人々は、こうした自然の猛威や大量死と背中合わせに暮らしてきた。永遠なものはなく、形あるものは滅びるという死生観や無常観も培われた。(中略)ところが戦後日本は無常という概念にふたをするように、死と正面から向き合うことを避けてきた」      (山折哲夫2011/3/23日本経済新聞文化面)

|
|

« RFP 【 Request For Proposal 】 提案依頼書 | トップページ | 歩き遍路を授業として仲間と歩く意味(西川勝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RFP 【 Request For Proposal 】 提案依頼書 | トップページ | 歩き遍路を授業として仲間と歩く意味(西川勝) »