« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月15日 (日)

岩田重則『日本人のわすれもの』現代書館、2014年

『忘れられた日本人』は冒頭、対馬での納得するまで合議する寄り合いを描き、後半は民謡の歌合戦が描かれている。月刊誌『民話』第5号(1959年)では、鈴木老人から聞いた歌合戦が記述され、中世的世界の俤が残っていると評しているが、『忘れられた日本人』では、中世的世界云々はなく、歌合戦の体験的再現をその場で現実にある生の存在として甦らせている(p17)。宮本もフィールドノートがないことを記述しており、記憶による再現、加筆が推測される。岩田は、宮本の記述は事実ではなく、宮本の感性で書き込んだハナシであることを指摘している。
 『河内瀧畑左近熊太翁旧事談』1937年では、熊太の語りは定着民として記述されたが、『忘れられた日本人』では、旅をする世間師としてハナシを語っている(p166)。同じネタでも、聞き書き報告の場合と、世間師ハナシとでは、異なった記述をしている。
 宮本の民俗調査は「旅」「歩き」と表現され(p172)、移動から見えてくる世界「歩く・見る・聞く」に重きを置いた。宮本の立場から村を見れば、「村は本来群であり、移動性の強い群が新しい新しい生活の場を見つけて移動していく。その伝統はその後もタタラ師や漁民の仲間にうけつがれていくが、それ以外のものは農耕に転じてって移住をはじめる」(宮本常一『双書・日本民衆史4 村のなりたち』未来社、1968年、p41)ということになり、移動が本来の村ということになり、漂白する人々を追って宮本は旅したのである。
 宮本の記述は事実ではなく、かつフィクションでもなく、移動することを含めたひとりひとりの人生に対する肯定的なハナシとしての再構成(p173)であると、岩田はいう。岩田は事実と宮本のハナシを混同してはいけないという。心せねばならない。
 しかし、聞き書きの再現的記述、エスノブラフィーにおいて、客観的事実は存在するのであろうか。岩田は、「複数の視線が重ねられた座標軸の接点にこそ、事実は存在する」(p173)というが、そうして得られる事実がもしもあったとしても、岩田はその事実で、何を言おう、何をしようというのだろうか。
 地域計画学、土木計画学における物語研究とは、一定の政策ビジョンに向けた生の存在が描かれた物語であり、精緻に記述された(ようにみえる)事実そのものが重要なのではない。地域計画学や土木計画学にとって、宮本の魅力、宮本民俗学の活用は、宮本の報告する事実ではなく、フィールドにもとづき心に訴えかけてくる、理想や願いのこもったハナシなのである。心が動かねば、政策は動かない。ハナシだからこそ、計画学に応用できるのである。

| | コメント (0)
|

2015年11月 5日 (木)

「都市」の発見・「民俗学」の発見(昔の論文)が土木の参考になる。UP

インフラのストック効果の議論をしていると、数値で示せるものとは別に、物語で示さねば納得できないものもあることに気づいた。未生以前の地域の語りと未来を考えると、昔、書いた民俗学の論文が役立つ。2009年にUPしました。

| | コメント (0)
|

2015年11月 2日 (月)

石鎚山から太平洋を見る

2Photo
若き日の空海は、山岳宗教者に教えを請い、石鎚山で修行したという。石鎚山からは、眼下に瀬戸内海、室戸岬、足摺岬が見え、広い天空と二つの海、水平線を一眼にし、宇宙を体得し、空と海、空海の号を得たと岩波新書で聞いた。4年前、山上の神官に伺ったところ、「秋に来なさい」といわれた。
http://morikuri.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-0e88.html
昨日、神戸の地域資源研究会の仲間5人と登った。天気予報は、見事にハズレ。晴天のなか、鎖場を踏破した。成就社では、荷物を運ぶ郵便局員がほら貝を吹いておられお話を伺った。
 企業経営の参加者は、弥山頂上から天狗岳への尾根迂回ルートを探し最高峰を目指したが、私は尾根トップの岩の角にしがみつき千仞の谷を覗き(4年前と同様)、最高峰に到着した。
 瀬戸内に沈む夕陽に島々や周防大島、上関、しまなみ街道がくっきりと浮かび上がった。陽が沈み、漆黒のなかに道後温泉、今治来島大橋が浮かび上がり、振り返ると須崎の町明かり、はるか向こうに高知の明かり。空には、満点の銀河。
 仲間と580円の缶ビール、300円の焼酎を呑んで、20時、眠る。
 24時、トイレに行った後、山上山荘の外に出る。月の光がこうこうと山上を照らし、星は数えるほどしか見えない。
 朝5時、仲間と起床、石油ストーブを囲んで日の出を待つ。5:55空が明るんだので外に出る。明けの明星、オリオン座、北斗七星が冷気に輝く。朝のお勤めで石鎚大神に祝詞をあげると、日の出となった。朝陽で土佐湾が輝き、羽根岬or手結岬の先に室戸の湾が見える。広い太平洋の水平線が朝陽をあびて輝いて見えた。
 ふりむくと、石鎚山の影が瀬戸の朝もやに映っていた。ブロッケン現象である。
宇宙を感じるとは、めくるめく地球の動きと、地球における自分の座標を認識する、こういうことなのだ。 天候に恵まれ、感謝。
20151101





 

| | コメント (0)
|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »