« お遍路のインバウンド観光、 | トップページ | 二つのメディエーション【演習Ⅰ教材】 »

2015年1月22日 (木)

世間、談合、絆、篤農家、農業改良普及員、出稼ぎ貧乏、長者没落

 日本は異民族が多くなかったから、日本人は自分の意見を自分で説明しようとしない。意思表明は酒の力を借りる。または落語・講談の話術専門家に語らせて満足している。だから、会議や討論をしない。異なる意見があれば、その歩み寄りが大事だった(宮本常一著作集15『日本を思う』p154)。
 その結果、個人と個人を結ぶ関係の環、絆で結びつけている世間を大切にした(宮田登「「世間」の中の日本文化」『現代の世相6-談合と贈与』小学館、1997年、p7)(阿部謹也『世間とは何か』講談社、1995年)。古臭いようだが、我々の生きる術は、デモクラシーの「社会」にはなく、これまでの暮らしのなかの「世間」にしかなく、ディベートは生活圏での話し合いには役立たない。3.11後の再生が、「絆」を基礎としているのは、こうした日本の特性を物語っている。
 その世間は、所有ではなく、貸し借りの関係で成り立っている。良し悪しではなく、感性の事実である。
 奈良県吉野の江戸時代の売買証文には「立木一代、金○○で買い取る」とある。木を植えて切り取るまでの期間を買う。土地は借りている。ということである。なぜそんな形にしているかというと、その間、山の所有者である村の人たちが植樹から下草刈り、枝打ち、伐採まで全部してくれるからである。もちろん、それに対する賃金は払うが、それにしても貸借関係だからこそ、そういうことができる。九九年とか九九九九年とかいう貸借もある。日本は、そういう息の長い貸借関係の国なのだ。(宮本常一著作集15『日本を思う』p135) 
 これば売買だと、買ってしまった山は、状況によって皆伐も自由となる。逆に、営林署の公営だと、山の整備ではなく、公営生産性を重視して、公金で一気に杉を植えようとしたのである。地域の長い年月の持続的な森づくりなど、遠に放棄してしまった。
 このような貸借によってなりたつ村では、外の世間から戻った者があれば、村の内の者が、村の入り口に寄り合い語り合う。この境界の議論の場を、談合坂、団子坂と呼ばれた。神を迎えて寄り合う場であった(宮田登「「世間」の中の日本文化」p19)。このようにして「見知らぬ世間を知っている世間師が、村をあたらしくしていくためのささやかな方向づけをした」(宮田登「「世間」の中の日本文化」p8指摘の宮本常一の言葉)のである。
 日本の世間には、人間関係の基層にこのような「集う」原理が働いている(宮田登「「世間」の中の日本文化」p13)。
 この集う村を篤農家が支えていた。篤農家は技術者であり、かつ優れた経営指導者であり、教育者であった。篤農家は郷党のなかで暮らしていた。しかし、昭和23年の農業改良助成法による農業改良普及員になると、技術のみを指導した。農業の経営は指導してくれなかった。ただ、補助金が技術の普及へと人々を誘った。篤農家は沈黙した。こうして、自分たちの暮らし、農業を自分で考える(経営する)自主性、ともに支えあう「絆」を日本の村は失った(宮本常一著作集15『日本を思う』p245)。
 農業は、食管法で管理され、昭和35年頃から、農家が畜産振興政策に呼応すると、商社による鶏肉の買占めがあり、次に豚肉が買いしめられた。昭和44年から自主流通米が入ると、三井、三菱が酒米を買いあさる。伊藤忠は米菓用もち米、丸紅飯田は、米菓・ビール用屑米を買いあさる。挙句、海外との競争となると、国内農業は打ち捨てられる。農業の独立独歩、農村の自主性などあろうはずがない(宮本常一著作集15『日本を思う』pp271-272)。
 苦しくなって、岡山県奈義町からは名神高速の工事に600人が出た。長い期間の夫婦別居となる。すると、飲酒、博打、女遊びがはびこる。現在でも役場近くの30戸のうち7軒が飲み屋であると宮本は報告している(宮本常一著作集15『日本を思う』pp248-249)。出稼ぎに行くほど、人々は出稼ぎ貧乏になる。こんな状況の中で、どうやって、主体的に村づくりを考えよというのか。日本の村はこうして「世間」と「絆」を失いボロボロにされた。
 中国山地の新道と旧道の交差点に、村の貧しい者が飲食店を開いた。次に酒屋ができ、外来の呉服屋、博労もできた。土地の者でないから、土地の掟、貸し借り関係には従わない。こうして、借金を返さねば土地をとりあげ、10ヘクタールの土地を集めた。こうして、呉服屋は繫昌したが、農家は貧しくなった。中国道のインターチェンジ付近を買いあさる大阪商人の場合は、もっと激しく開発し、植民地化がすすんだ(宮本常一著作集15『日本を思う』pp252-253)。
 旧来の村の中の関係性の中での建設仕事の回し、仕事を得るための談合は、村の世間の貸し借りの必然でもあった。
 確かに、談合は公金不公正支出である。しかし、生きる術、支えあう術を失った村が、生き残る最後の手段でもあった。建設業がなくなった村が、今、多くの高齢者を抱えて消えようとしている。災害が来ても、復旧に主体的に動く地元建設会社もない。村は疲弊し、村の暮らしは消滅し、点在する集落に、多くの独居高齢者が残る。
 こうした厳しい状況の中で、日本の村の新しいあり方、主体的な地域づくり、再構築が求められている。
 この村の語り合いは、本来、神のもとの公正であった。神を失った現代の神とは何か。神なきなか、特定の人が独占する談合がはびこったから、批判された。本来、利益は、親方子方皆のため配分するものであり、独占すると長者没落譚となる。(宮田登「「世間」の中の日本文化」p21)。今、皆の利益、村の利益という公共心、疲弊しつつある郷土への愛着、誇りを神に置き換え、豊かな公開談義のなかで、日本の村の意味を語り合う時期に来ている。

|
|

« お遍路のインバウンド観光、 | トップページ | 二つのメディエーション【演習Ⅰ教材】 »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お遍路のインバウンド観光、 | トップページ | 二つのメディエーション【演習Ⅰ教材】 »