« 善根宿の二人のケンチャン:ボランティアと犯罪 | トップページ | 演習Ⅰ宿題、寄り合い、篤農家、世間師、文武宿、もらい子、商人 »

2015年1月13日 (火)

境界での町の発達、長洲浜:宮本常一著作集30

東大寺領猪名庄についていた長洲浜に散所民30余が庄役や寺役から逃れ小野皇太后身や大夫の下につき、鴨御祖社の御膳奉祀の魚貝の御厨となり、平安時代の大阪地方では最大の集落、長渚庄となっていた。東大寺は気づかなかったが、応保元年(1161)には1000戸になり、東大寺は30戸を除い寺につけうようとして争った。p323

|
|

« 善根宿の二人のケンチャン:ボランティアと犯罪 | トップページ | 演習Ⅰ宿題、寄り合い、篤農家、世間師、文武宿、もらい子、商人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 善根宿の二人のケンチャン:ボランティアと犯罪 | トップページ | 演習Ⅰ宿題、寄り合い、篤農家、世間師、文武宿、もらい子、商人 »