« 骨仏と都市大阪 | トップページ | 桑子敏雄@哲学者にして土木計画実践、アドバイザー の言葉 »

2014年9月30日 (火)

依身より依所 最澄

最澄の言葉に「おのずから住めば持戒のこの山は、まことなるかな依身より依所」というのがある。心を極める空海に対して、経典を集め伝教本山を形成した最澄らしい言葉である。確かに、鎌倉仏教をはじめた人々、西行、みな比叡山で修行している。空海と最澄の離反もこのあたりに起因しているのであろう。
 が、私にとっては、どちらも必要に思える。
 地域づくりの思い、まちのあるべきビジョンを明確にし、本当に必要なこと、あれかこれかを決定していく、心をあわせていくプロセスは重要である。
 一方で、皆が語り合う場、物理的な集会所などの場所、定期的に集まる機会、プラットフォームのような集まり議論する組織形成も大切である。

凡夫、小人には小人なりに、まちのあり方、くにのあり方と己の意味を考えることも大切だが、一方で、それがなりたつような仕組み、場所をつくることも大切なような気がする。
 私にとっては、小さいながらも「依身も依所も」というところであろうか。

来年から、大学院副プログラム「まち・みちづくりデザイン」を作ることにした。8科目くらいを用意する。社会人受講もできる。国や機関とも連携した実践ができるようなものにしたい。
 依所に走ると非難されるかもしれないが、依所なくして依身なし

|
|

« 骨仏と都市大阪 | トップページ | 桑子敏雄@哲学者にして土木計画実践、アドバイザー の言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 骨仏と都市大阪 | トップページ | 桑子敏雄@哲学者にして土木計画実践、アドバイザー の言葉 »