« 熱い受講希望と就職活動 | トップページ | 大都市近郊の集落維持 »

2014年4月23日 (水)

山岡淳一郎『インフラの呪縛』

土木工事は、国土の維持のためには重要だ。災害がおきれば、建設会社のブルが、自衛隊の前にたって瓦礫を処理していく。
 しかし、なぜ土木工事は、マイナス評価を与えられてしまったのか?
バブル崩壊後、公共事業は
A 官製談合への指弾(田中角栄に端を発する政治とカネの問題)
B 財政面からの指弾(小泉「聖域なき構造改革」)
C 環境保護
の観点から非難される(p173)
 Bについては、1995年、財政制度審議会が、B/Cを出してコスト・ベネフィット論を展開した(p187)
 しかし御厨貴『政治の終わり、政治の始まり』は「小泉政権は社会を変えた。それは政治や経済の改革そのものではなく、改革の手段において小泉政権が破壊的だったことを意味する」と指摘している。何も政治や経済は改革せず、壊しただけではないかと指摘する。
 にもかかわらず、道路局は、堂々と「何のために道を整備するのか」を国民に説明できなかった。自虐的に「道路で国民に支持されたのは、道の駅だけですから」と言っていて良いのか。もう一度、正々堂々と、国土軸の必要性、そして国民にいちばん近い生活道路の維持活用の今後の大展開を、大きな声で言うべきだ。
【大阪市の橋下改革も、大変な努力、勇気であるからこそ、単なる破壊のみに終わらせてはいけない。新しい大阪コミュニティ、人のまち大阪を主張すべきだ】

 結果⇒1993年 一般競争入札制度 でなければ「悪」と指弾され、下を向いてしまった。
【大阪市でもコミュニティの地域の人がやる公園の清掃管理まで、競争入札、コストが最重要と、勘違いしている職員が多い。誰がやっても同じ大きなものは競争すれば良いが、住民がする公園の清掃を競争入札して、どうスンネン!】
 胸をはって、大きな声でその大切さを訴えよう。そのためには、もっと現場に出て、現場で考えねばならない。 

◆インフラ整備を怠ると
『荒廃するアメリカ』1980年代次々橋が落ちる
 1967年 シルバー橋崩落46人死
 1968年 スーザン橋崩壊
 1983年 マイアナス橋落橋 3人死亡
  →米国では、その対処として4¢/ガソリン(ガロン)を徴収し、維持経費にあてている
◆競争入札は、ダンピングと質の低下をもたらし(p186)
 郷土をまもる地元の小建設業を疲弊させた。
 ⇒そこで、総合評価制度が、実績・社会貢献・能力などを点数化して評価して入札したが、こんなことをしたら大手が有利 に決まっている

こんなことで、良いのか!
【森栗案】なんで 統制的手法 or 市場メカニズム の二者択一なんや!
      「なんでそんな単純な頭で社会を考えるのか!」と言いたい
  コミュニティの事柄、コミュニティの人しかできないような 小さいけれでも大切な仕事は、
  一定の専門、地域企業と連携した
   公開による地域の継続的協働貢献評価制度 をすべきである。
  コミュニティの道の管理や活用事業は、この制度をすべきだ
素人ができるような簡単な橋梁の管理マニュアル(NPO橋梁メンテナンス技術研究所)もあるではないか

(p238-239)藤井聡『国土強靭化論』8策
  防災インフラ、リスクコミュニケーション、
  コミュニティの維持と活性化、
  エネルギー確保、
  企業の事業継続計画の義務化、
  有事復旧対策想定、
  経済力の維持、
  国土構造
 またぞろ公共工事談合がと言う新聞があるが、読んでから言え!ちゃんとした国土軸は、自衛隊が必要なのと同じように、必要なものは必要なんだ。その上で、
リスクコミュニケーションやコミュニティ維持は、故郷を守る地域の建設業の事業継続をはかり、それと協働して自分たちですすめるべきである。そうした自立した活動を支援する制度を国は整備せねばならない。

|

« 熱い受講希望と就職活動 | トップページ | 大都市近郊の集落維持 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山岡淳一郎『インフラの呪縛』:

« 熱い受講希望と就職活動 | トップページ | 大都市近郊の集落維持 »