« センバツ甲子園開会式は日本の縮図 | トップページ | 40年ぶりの国東巡礼 »

2014年3月25日 (火)

排除しない思考、ケアから遠いところに近しいものがある

中岡成文先生(臨床哲学、倫理学)を送る会(退職懇談会)に出た。元同僚の鷲田先生も来られていて、面白い議論だった。
・排除しない思考は可能か?という問いに対して、
 ⇒強い排除は避けられるが、弱い排除は残ってしまう。
・臨床哲学を考えたとき、医療看護ケアまず思いついたが、次に一番遠いもの 芸能・風俗などを考えた。
 ⇒遠い物のなかに、類似性があったとき、汎用性が可能と考えた。ホスピタル、ホスピスのHoは、ホステス、ホテルのHoとラテン語では同様。

「なるほど」とメモ

|
|

« センバツ甲子園開会式は日本の縮図 | トップページ | 40年ぶりの国東巡礼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センバツ甲子園開会式は日本の縮図 | トップページ | 40年ぶりの国東巡礼 »