« 排除しない思考、ケアから遠いところに近しいものがある | トップページ | 授業履修の手引き »

2014年3月27日 (木)

40年ぶりの国東巡礼

学生の時に国東六郷満山の巡礼道を歩いた。富貴寺から長安寺、天寧寺を歩き、夷渓谷の民宿に泊まった。長安寺で六郷満山を開基した仁聞菩薩の話について熊野修験と宇佐八幡の話になった。住職は歴史分析だけではなく、それを信じる地域の暮らしを見るべきだといい、歴史学の先輩と論争になった。説教が延々と続き、クルマで夷峡谷の民宿まで送ってもらった。民宿では食事が遅くなり、翌朝は日曜だったので、一つ下のバス停まで慌てて走った。それでも、ぼくは火傷しながら味噌汁を飲んだことを覚えている。携帯電話、PCのない40年前の話である。
 今の私は、人文研究とは遠くなり土木計画や協働政策をやっているが、久しぶりに国東を訪れた。
 鬼が一夜で築いたという石段を登ると磨崖仏があり、洞穴の奥に枯れることない水がしたたり落ちる穴観音、絶壁の山を登ると西に夕日観音、東に朝日観音。
 真木大堂や中世田染荘の景観に息をのむ。世界農業遺産らしい。
 天寧寺の阿弥陀如来像は愛嬌のある顔立ちだが、大正8年に帝室博物館に貸し出され、昭和16年の洪水で流された本堂再建のために売られ、平成9年に県が買戻し、県立博物館に貸し出されたのを、平成15年、地元に鬼会の里伝習施設ができ、84年ぶりに里帰りしたという。
 学生の時には気づかなかった、地域の思いに、ようやく気づく歳になった。仏像も、伝説も、暮らしに尊敬と感動をもって見れるようになった。
 久しぶりに、あの民宿によってみようと思い、現地で探した。民宿「みさかえ館」は、もう廃業していた。信仰のよるべであった教会の道を入ると、民宿は廃墟であった。裏にまわると、鹿が驚いて飛び出した。
 ぼくが走った前田バス停もなくなり、時代の流れを感じた。
 田染の里では、サポーターの寄付がある、補助金で立派な施設もあるが、地域の連携は難しそうである。圃場整備も合意できなかったから、荘園景観が結果として残った。
 補助金、整備があればあるほど、世代交代ができないまま少子で先が見えなくなってしまう。緊急雇用で若者を置くが1年で終わり。
 補助金、緊急雇用ではなくて、介護保険の地域支援や、総務省の地域支援員、加えて道路の住民協働の雇用、農業後継者支援など、10年ほどの長期の多様な雇用を地域の置かねば、若者を定住させねば、地域はもたない。
 過疎地の限界は、補助や雇用メニューが省庁縦割りだからであり、もっと基礎自治体が若者定着を計れるような総合メニューを提示すべきであろう。
 豊後高田市 頑張っている。何とかしたい。

Image

Image_2

Image_3

|
|

« 排除しない思考、ケアから遠いところに近しいものがある | トップページ | 授業履修の手引き »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 排除しない思考、ケアから遠いところに近しいものがある | トップページ | 授業履修の手引き »