« ひめゆり平和祈念資料館証言者にお目にかかる | トップページ | 続沖縄講演事後訪問(那覇バス、琉球バス、ゆいレール) »

2014年2月27日 (木)

地域の道路活用(バス停、自転車道、バス専用レーン)は誰が決定すべきか

内閣府の講演の後、翌日、沖縄県那覇市役所・浦添市役所の皆さんと課題を議論した。議会対応の合間を縫ってご対応いただいた。
【課題;国際通】毎日曜の那覇国際通トランジットモールは、商業者、流入するドライバー市民にどう理解いただくか?ビジターの目からすれば、トランジットモールは魅力的だ。売り上げが伸びないとすれば、即物的で魅力のない張りぼてのような街並みのせいではないか。
【課題B:バスレーン】国道58号線片側3車線路側2mのバス専用レーン化
【課題:バス停上屋の設置】待ちやすい上屋を検討すべきだ。沖縄で炎天下バスを待つなど、ありえない。
【課題:モビリティマネジメント】地域でのクルマに頼りすぎない地域づくり
【課題M:バス・モノ結節】モノレール延長(起工済)の西原終点における、バス・モノレール平面乗換(ユニバーサルデザイン)
【課題D:基幹道路決定】海側の国道58号~市役所前~前田~モノレール西原終点 の四車線化Urasoe_map01_3
について、ご教示を得た。
⇒国際通トランジットモールについては、歩く町の商業収益向上を、物販と飲食に分け、富山市や旭川市、土木計画学などのデータを揃え、わかりやすい図解を用意して、第三者(場合によっては若者、女性、旅行エージェント)を入れてじっくり議論する必要がある。その上で、中央分離のコーンを植木に変えるとか、中央道路にベンチを置くなど、警察とともに共通理解を得ることが重要である。ファザードを統一するなど、賑わいとカッコ良さ、もうかる仕組みを皆で議論するなかで、歩く町を話し込むべきだ。
⇒バス専用レーンについては、沖縄県警と県庁の連携は素晴らしい。58号伊佐(宜野湾市)から那覇中心街の久茂地まで専用レーンにしようとしている。ドライバーの割り込み車や渋滞の苦情など苦労も多いだろうが、県警察一体となって対処しようとしている。
 立派なデザインのバスを走らせたら(BRT)、クレーマーも苦情を言ったことを忘れて乗ってくれる。もう少しです。ガンバレ、沖縄県、沖縄県警。ここで腰折れになってはいけない。1_2
 県庁・警察一体となって、専用レーンの必要性、活用の理解を広めるワークショップ的な話し込み講演会が必要だ。
⇒バス停上屋についても、横は透明アクリル板、下は50㎝開けねばならないなど、警察の通達があるというが、地域で話し合って地域で決めたことを尊重すべきであって、霞ヶ関で決めたことを、地域に押し付けることは間違っている。沖縄は熱い。沖縄のバス停に上屋があってクルーが入っていることは必然である。専用レーンの張り出しがバス停なら、歩道通行に問題ない。Photo
 警察は自動車通過だけを考えるのではなく、地域の暮らし、その話し込みを尊重するだろう。
⇒そうした、モビリリティ・メネジメントの全体会合をワークショップ形式でし、とくに熱心な地域に乗り込んで議論し、説得していく必要がある。狭隘道路住宅地域においては、自転車安全も含んだゾーン30などの議論をすすめるべきだ。
   ここまで議論したとき、議会対応を終えて駆けつけてくれた課長が、「話し込みですか…。(講演じゃなくて、話合いじゃなくて)話し込み…」と、深く考え込んでおられたのが印象的だった。
⇒西原結節点については、駅施設はこれから設計なので、研究していただきたい。シンポで県モノレール整備室長、中本建築士会長のご関心もいただけた。20140227 1 富山ライトレール岩瀬浜駅
⇒浦添市の東西軸の四車線化については、同じ幅で整備するのではなく、交差点を広く取り、沿道荷捌き場の確保をして、路側帯を50㎝として自転車道1.5mの確保をすべきだ。そのためにも住民との議論が重要だ。県道ではあるが、県道だから県が決定するという設置者主義ではなく、地域で一緒になって考え、エンドユーザーに近い市役所の主体性を尊重しながら、県はすすめていってもらえるだろう。
  これらの道路活用が深まるためには、道路利用を警察行政だけにまかせないで、地域の道路は皆で議論する地域道路協議会が必要ではないか。それを法制化する必要がある。
 地域の道路活用は、地域のオーナーシップで考える、エンドユーザーで考えるのであって、霞ヶ関の一存、警察の一存任せにしてはいけない。
 明日の国土政策研究所道路空間研究会で、話題提供してきたい。

|
|

« ひめゆり平和祈念資料館証言者にお目にかかる | トップページ | 続沖縄講演事後訪問(那覇バス、琉球バス、ゆいレール) »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひめゆり平和祈念資料館証言者にお目にかかる | トップページ | 続沖縄講演事後訪問(那覇バス、琉球バス、ゆいレール) »