« 中浜万次郎の村 | トップページ | 寄付講座 まちみちコミュニケーション研究室本日OPEN »

2013年9月28日 (土)

【秋遍路】イノベーションは、歩きコミュニケーションのなかから生まれる

17ー20日秋遍路授業足摺岬。四万十川の大師堂で語り合い。
Image_3水浴び(浴びたくなったら入ろうよ)Image_2
21-22日、東京で仕事。北海道集落維持を検討。
22ー23日 ワークショップ設計論(中之島センター:神戸まちづくりWS研究会の先生方、ありがとう)
24-27日、追加遍路授業(松山ー四国中央市三角寺)。横峰遍路道で道に迷う。道案内の高齢者が、手書き地図を示して説明してくれる。(いつも迷子が出るのだろう)20130998jpg

27日 宿泊した新長谷寺住職の丁寧な密教解説に耳を傾け、9時発。えらいこっちゃ!三角寺12時前着。13時のバスに間に合うか? 納経を済ませて、学生と急いで下山。「迷わなかったら10分前に到着できるね」と、グーグルマップをみて語り合っていたら、山道に迷う。「登ってきた道と違う!」。が、何とか下山。急いで三島川之江ICに向かう。12:52、バス停到着。と同時に13:00発阪神バスが現れる。あまりのジャストタイムに、皆、苦笑。
森栗「おかげ、おかげ」

お遍路宿坊で、同道いただいているCSCDの西川教授、宮本助教と議論
▼単に歩くのではなく、個々の研究している大学院の専門を拡張させる、進化させる、研究レポートを提出したい学生のみを公募し、その目的でお遍路体験するのが良いのではないか。
◆グーグルマップを活用した歩き遍路のアプリを作るプロジェクトに関心のある学生を集め、ナビタイム・駅すぱーと、全国街道協議会、国交省と連携をもってすすめる。
 という方向性が、議論された。

一部の専攻では、こうした大学院共通科目について「そんな授業はどんな意味があるのか」「専攻の授業をきちっととりなさい」と指導されているそうだ。
 意味が最初からわかっているようなことばかりしていては、イノベーションはできんよなあ?ショボイ研究者、教師もおるんもんやなあと寒心するものの、
 それはさておき、来年は、「どんな人にでもわかるように」上記のプロジェクトをベースとして、以下の説明をつけてすすめることにした。

■概説 お遍路とは、単なる巡礼ではなく、お接待文化の中での出会いシステムであり、人や風土に出会いコミュニケーション力を養うことができる。のみならず、遍路道の景観デザイン、途上の道路、バスや鉄道などの交通システム不備・欠落を発見できたり、遍路道保存協会のサイン表示の見事さを体験できたり、皆伐や耕作放棄など生態破壊や農業問題にふれることができたり、山頭火・子規など遍路文学の場に出会えたり、さらには、津波・災害時のリスク対応の地域状況を観測できたり、多様な現場フィールドワークの可能性が点在している。
■大学院生が遍路を受講する意味
1)日本的コミュニケーション(お接待)の代表で、世界遺産が議論されているお遍路を若い時に体験したい。コミュニケーション力は、就職活動に必須。
2)早寝早起朝ごはん規則正しい生活・身体運動により、心身をリフレッシュし、新たな観点で専門の研究を促進したい。
3)他分野との交流により、異なる発想法を知り、臨機応変力、研究の発想力、社会での応用力を身につけておきたい。
■交流システム論授業には、次の2つのコースを設定する。
①オープンプロジェクトベースドラーニング(PBL). 自分でお遍路に関するプロジェクトを作り、実地体験して、レポートをまとめる。 多専攻の学生による体験実践型発見学習 により、多様な発見手法を相互学習する
②お遍路地図アプリ造り…グーグルマップのUP,DOWNを活用して、遍路地図を入れ込み、外国語対応も考慮した、またリスクマネージメントを考慮した、アプリを作り、それを販売する学内ベンチャーを、プロバイダー、国交省と連携して模索する。
※ゆえに、単に4日間とって、お遍路に行くだけの授業ではない。宗教教育でもない。研究人材育成プログラムであり、それ自体、新たなアプリ開発のエンジニアリングビジネスを狙うものである。価値があるかどうかは、学内の評価のみならず、PBLやアプリが、社会的にどう評価されるかによる。

|
|

« 中浜万次郎の村 | トップページ | 寄付講座 まちみちコミュニケーション研究室本日OPEN »

授業(お遍路コミュニケーション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中浜万次郎の村 | トップページ | 寄付講座 まちみちコミュニケーション研究室本日OPEN »