« iPadを路上に置き忘れる森栗と、それを拾うスギヤマッチ | トップページ | 続 意外と安い速い能勢電 »

2013年5月 9日 (木)

意外と速い安い能勢電《能勢から大阪へ》

http://yahoo.jp/tP4yfV(大阪府北部箕面森町と能勢)
をみると青◎チェックに箕面森町が開発された。新御堂筋を直進し、千里中央を越えて箕面勝尾山をくぐる有料道路(600円)が都心と結んでいる。箕面森町と千里中央とはバスで19分。
 ところが、箕面森町の開発によって、能勢電沿線の東ときわ台が隣接することになった。さらには、東ときわ台を経由して能勢電駅前のときわ台、光風台にも、阪急バスが行っている。
 能勢電は、能勢妙見の参詣客輸送と、沿線で産出される三白(酒、米、寒天)・三黒(黒牛、栗、炭)などの特産物の輸送を目に、国鉄(旧阪鶴鉄道[大阪ー舞鶴])川西池田駅と接続して建設された。沿線宅地開発もされ、1978年には日生ニュータウン線を開業させ、1997年からは阪急に直接乗り入れる8両連結の日生エクスプレスを運行している。結果、終点が行楽のための妙見線は苦しく、その沿線ニュータウンは高齢化による定期券客減である。これに加え、森町経由大阪都心直通のルートができることは、能勢電には厳しいかなと思って駅すぱーと(YAHOO路線検索)で調べてみた。駅すぱーとは、私と近畿運輸局が展開した関西バス情報見える化により、関西の90%以上のバス情報が入り、無料で公開されている。

驚くべきことに、能勢電は、速くて安かった!
 箕面森町地区センターに近い、東ときわ台の中心、豊能町吉川支所前バス停留所を、平日7:00に出る場合で検索すると、
■吉川支所前⇒JR大阪駅
 【森町・千里中央経由】7:03→森町地区センター→千里中央(北大阪急行)→梅田(地下鉄)→8:26 900円
 【能勢電・JR経由】7:01→ときわ台(能勢電)→川西能勢口(能勢電)…歩7分…JR川西池田→8:06 790円
えっー。能勢電が速い、安い!!! ホンマかいな? JR使ったからじゃないの? 市内は?
そこで、◆吉川支所前⇒大阪市役所
 【森町・千里中央経由】7:03→森町地区センター→千里中央(北大阪急行)→淀屋橋(地下鉄)…8:30 940円
 【能勢電・阪急経由】7:03妙見口(能勢電)→川西能勢口(能勢電・阪急、乗り換え5秒)→梅田→淀屋橋(地下鉄)…8:22 930円(OSAKA PiTaPaを使えば、地下鉄は100となり830円)

物事、イメージで考えてはいけない。鉄道沿線、鉄道駅前は幸福なのだ。当然、梅田の一つ手前の阪急十三乗換えなので、神戸も京都も、基本、能勢電・阪急が便利か? 駅すぱーとで調べてみて欲しい。
 
 

      

|
|

« iPadを路上に置き忘れる森栗と、それを拾うスギヤマッチ | トップページ | 続 意外と安い速い能勢電 »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPadを路上に置き忘れる森栗と、それを拾うスギヤマッチ | トップページ | 続 意外と安い速い能勢電 »