« 【授業:地域交通コミ】アイデアの精査、計画 | トップページ | 神姫ウェストバスの工夫 »

2013年5月14日 (火)

【お知らせ・勧誘】政策NW(明大)、協働やWS、おわら、生活学etc

以下、関心のある方は、見学、ご招待します。ただし、①は森栗にメールいただいた上で、事務局に特別招待を申し出てください。オンライン上に無料招待メールアドレスを置くのは避けたい。ぜひ、ご参集ください。
---------------------------------------------------------------------
①【特別ご招待】第15回政策メッセ:公共政策シンポジウム
[政策分析ネットワーク:Policy-Net](5/18)
開催日程:2013年5月18日(土)
開催時間:11:00~17:00
開催場所:明治大学・駿河台キャンパス「リバティータワー」(受付⇒10階)
     (シンポジウム⇒1階ホール/セッション会場⇒10階)
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
参加定員:500名⇒先着申込順(定員になり次第、受付終了)
参加費 :無料(特別招待者)
1.特別シンポジウム(15:00~17:00
「アベノミクス:日本再生のための成長戦略を問う」
⇒6月に取り纏め予定の「日本再生戦略」に向けての論点整理と今後の検討課題を提示
*モデレーター 伊藤元重(経済財政諮問会議議員:東京大学)
*パネリスト 竹中平蔵 (産業競争力会議議員:慶應義塾大学)
       大田弘子 (規制改革会議委員:政策研究大学院大学)
       大林 尚 (日本経済新聞社編集委員兼論説委員)
       宮内義彦  (元規制改革・民間開放推進会議議長:オリックス会長)
2.公共政策セミナー(合計6セッション)
WS-6 ≪公共交通政策≫
      「コミュニティ交通の協働による構築施策・コーディネーション」
 司 会 者:森栗茂一(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)
 パネリスト:時安 洋(山口市役所)
      :野木秀康(京丹後市役所)
      :向後功作(銚子市観光プロデューサー)
 コメンター:国土交通省水嶋交通計画課長
---------------------------------------------------------------------
②5月15日(水)18:30 A-yan!!昭和町秘密基地(阿倍野区昭和町1‐10‐4)
       らうんど大阪 市民が車座で語る大阪のまち 
---------------------------------------------------------------------
③5/27(月)18:30〜 於:大阪大学豊中学舎・スチューデントコモンズ開放型セミナー室
   越中八尾の概況と課題(おわら保存会古川先生)【事前申し込み不要】
---------------------------------------------------------------------
④6/1・2 日本生活学会(神奈川大学)http://www.lifology.jp/taikai40puroguram.pdf
今和次郎の世界と民俗学、人類学、歴史学等との融合はあるのか【無料公開もある】
---------------------------------------------------------------------
⑤6/4(火)19:00~ 於:生野区役所 わがまちクラブ防犯チーム(ネットワーク)と部長支部長(地縁)とのWS形式の話し合い⇒地縁系とネットワーク系の相互理解の第3弾 生野区は新しい試みをしている
【若干名;見学可能】
---------------------------------------------------------------------
⑥6月8日(土)16:30- 於:大阪大学中之島センター「多様なワークショップ(WS)の得意不得意(まちづくりWSと演劇WS)」 【この部分のみ若干名オブザーバー見学可能】

なお、毎週月曜10:30-の地域交通コミ概論も、見学可能です。豊中学舎CSCD2階セミナー室2でやっております。場所はCSCDのHPで。大阪にお立ち寄りの折は、通天閣見学がてら、お越しください。

|
|

« 【授業:地域交通コミ】アイデアの精査、計画 | トップページ | 神姫ウェストバスの工夫 »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【授業:地域交通コミ】アイデアの精査、計画 | トップページ | 神姫ウェストバスの工夫 »