« 2013年お遍路コミュニケーション授業シラバス案 | トップページ | 神田昌幸「国の都市政策と健康まちづくり」『体育の科学』61-6、2011 »

2012年12月 8日 (土)

能勢電鉄山下駅でレンタサイクル、山空海温泉、川西郷土館

9:50山下駅助役室で電動レンタサイクル400円。助役室隣にレンタル自転車置き場。
山下駅より郷土館方面、突き当り右折、郷土館前を通り過ぎて狭い道を行き自動車道を日生中央方面、前川橋交差点を右折、ダム下から11%の坂を上がる。ダム入り口:井楠野信号から、真っ直ぐトンネル、右に歩道あり。
10:14国崎ダム(自転車は左歩道か車道)
Image
一庫公園の橋より能勢側には、歩道がない。トンネル内、危い。
 ダム湖に沿う道、景色は良い。
10:45 豊能町 山空海温泉着(700円、10-18時、月曜休み、うどんなど食事あり)
まったり、してたら、外は霰。えらいこっちゃと、思ってたら、今度は晴れてきた。
ここは、能勢。下界とは気候が違う
Image_3

Image_4関西唯一の湯治場、山空海温泉
36度に2時間つかる。ときどき、42度。単純ナトリューム泉だが、湯を足すときに、フレッシュ湯から微かに硫黄臭。まさに湯治場。
12:55温泉発、13:40山下郷土館、精錬所跡、鉱山道具、最後の鉱山を昭和10年まで経営していた平安(ひらやす)家の見学。鉱滓捨て場が今も残る。
 平通武男などの絵画展示は、「3人の踊り子」など、教科書並みの作品がある。平賀邸洋館も立派だが、寄付されたものを製銅向上跡地に全部集めたため、何が郷土か、意味不明、脈絡なし。美術館裏に、鉱滓捨て場が残っていたのは、驚いた。多田銅山の鉱山(やま)の下で山下。小字名が下財(=山師)というのも、素晴らしい。
Image_5

|
|

« 2013年お遍路コミュニケーション授業シラバス案 | トップページ | 神田昌幸「国の都市政策と健康まちづくり」『体育の科学』61-6、2011 »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年お遍路コミュニケーション授業シラバス案 | トップページ | 神田昌幸「国の都市政策と健康まちづくり」『体育の科学』61-6、2011 »