« 2013年地域交通コミュニケーションシラバス案 | トップページ | 2013年ワークショップ設計論シラバス案 »

2012年12月 4日 (火)

2013年観光まちづくり実践論は、越中八尾おわら盆、シラバス案

■観光まちづくり学実践論 コミュニティツーリズム実践論 社会人・他大学非公開
 越中八尾おわら風の盆で有名な富山市八尾は、かつては、蚕や紙の生産などで繁栄し、かつては加賀100万石の隠し蔵とも呼ばれた。そのため曳山や盆踊りなど、多彩な町文化が残っている。近年、観光客が盆踊り時期のみに押しかけ、難しい状況にある。本授業では、地方都市の課題、観光の課題を、地域に定着して、総合的に学び、考え、地元で発表する。
【特典】交通費等は一定考慮。宿泊費は空町家利用を予定。
1 4月22日(月)20時~豊中スチューデントコモン オリエンテーション
or  4月23日(火)20時~吹田工学U2-214 オリエンテーション
全出席、報告会プレゼン発表の意志を確認し、選考し、後日、メールで連絡する。
2 5月27日(月曜)18:30~豊中スチューデントコモン 八尾概況と課題(おわら保存会)
3 6月24日(月曜)18:30~豊中スチューデントコモン 八尾の課題と展望(おわら風の盆地方ジカタ)
4-13 8月16日~23日 富山市役所訪問、コンパクトシティ見学、日本の道百選、山村再生現場、地方ジカタ踊り稽古(見学、手習い)、フィールドワーク【20・21・22日、前夜祭おわら盆踊り参加】
14-15 9月6日(金)-7(土) 現地報告会
条件:2回往復交通費などは、プロジェクト経費の中で考慮する。宿泊は、保存町家など。踊り講習料などなし。
【課題】個別研究し、八尾の未来をプレゼンする。
【評価】地元報告会での、住民評価と大学内勉強会出席回数

|
|

« 2013年地域交通コミュニケーションシラバス案 | トップページ | 2013年ワークショップ設計論シラバス案 »

授業(まちなか再生とツーリズム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年地域交通コミュニケーションシラバス案 | トップページ | 2013年ワークショップ設計論シラバス案 »