« 何ゆえ、高齢者おでかけICカードではなく、若者・子育て支援の中心市街地活性化なのか | トップページ | willerトラベルで、はなしあい学(四谷土木学会講堂)弾丸ツアー »

2012年9月11日 (火)

補助金と中山間地活性化

淡路島の北端の山間に、そばカフェを成功させた段々畑の村がある。先日、特区の日産の超小型車実証実験の事後ワークショップで伺い、今後の地域移動について議論した。
 事後、そばカフェができるまでの補助金の使い道をななましく聞いた。
 5年前、水環境向上対策の補助金 x00万円で、地域活性協議会(ネットワーク系)をつくり、水車小屋を作った。水車職人がいたので作りたかった。水車を作ったら、何を製粉しようか?と蕎麦を撒いた。村の人全員に、年越しそばを配った。蕎麦の白い花が美しいので、蕎麦の花祭をした。すると、どんどん人が押し寄せた。毎週末、何もないこの村に人が押しよせる。そして、村の棚田を見て感動して帰っていく。
 翌年、中山間地直接支払い制度 x500万円が入ったので、蕎麦カフェの施設を作った。
 ところが、噂が噂をよび、蕎麦花祭には、ガードマンを出してもどんどん車が来る。入口を閉鎖しても、村の人が歩いて来ずに車で来て、始まる前から路上駐車。
 この村は、集落が段々畑のなかに分散しており、なかなか意見がまとまらない。しかし、蕎麦の事業が動き出してから、協力関係ができてきた。とはいえ、蕎麦花祭のときは近隣に迷惑をかける。救急車も入れない。会場近くの住民は、出かけることもできない。一方で、自分は活性化に参加せず、不満だけを言う人もいる。反対の人もおり、異論が出る。このままだと、活性協議会の仲間も、イベントでの車の処理、住民からの不満に疲れ出す。
 私は「せっかくの活性化も、【疲れ派】と【迷惑派】【何もしない不満派】が連動して、難しくなることもある。今から、イベント時の車対策をコンサルさんの手もかりて、きっちりとする必要がある。今日来た、中央復建のYさんは、この件ではとくに有能なので相談しては?」とアドバイスした。

通常、こうした補助金は、集落ごと山分け。または、村の神社の補修、道路の補修に使うことが多い。ほとんど使われない「活性化センター」になる場合もある。蕎麦カフェのような、ネットワーク的な活性化活動、本当の活性に使うことができるのは、リーダーの資質による。通常は、地縁組織にネットワークが潰され、個人で山分けという場合も少なくない。
 集落や環境を維持する村に補助金が行くのは当然だと思う。しかし、それを分ければ、結局、どこにいったかわからなくなる。村でまとめて、かつモノではなく、本当の活性化につなげるには、夢と知恵が必要だ。リーダーが、「水車が作りたい」「蕎麦を植えよう」「蕎麦花祭をしよう」「蕎麦カフェにしよう」と夢を語り、全員に年越しそばを配るように、多様な村人全員に配慮していけば、村は大発展する。リーダーは、村人の心が離れないように、持続する活性化のために、イベントの車対策をしっかり考える必要がある。
 車ほど便利で、かつ利害が相反するものはないからだ。

|
|

« 何ゆえ、高齢者おでかけICカードではなく、若者・子育て支援の中心市街地活性化なのか | トップページ | willerトラベルで、はなしあい学(四谷土木学会講堂)弾丸ツアー »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何ゆえ、高齢者おでかけICカードではなく、若者・子育て支援の中心市街地活性化なのか | トップページ | willerトラベルで、はなしあい学(四谷土木学会講堂)弾丸ツアー »