« 【事業:お遍路】お遍路プロジェクト発表会 | トップページ | 大阪市改革プログラムにもとづく協働まちづくりの大展開を確信 »

2012年8月 8日 (水)

先斗町

27日、京都先斗町の舛之矢さんの床にお世話になった。おかあさん、市福姐さん、志奈寿さん。ありがとう。
 先斗町の協働まちづくりも喫緊の課題。どうやって演舞場を維持するのか、呑み屋の床などのなかには、伝統を壊し安売り的なものもある。悩みはつきないなか、昔どおりを主張するお茶屋も多い。
 舞妓さん、芸子さん、お母さんを含めた協働のまちづくり、語り合いが必要だ。20120807_014 20120807_010
いやー、先斗町のワークショップやったら、タダでやってもエーなあ・・・(でれでれ)
 これにて、新潟鍋茶屋、東京向島、そして京先斗町、経験。貧窮、公務員にしては、楽しませていただいています。次は、長崎丸山か?
 母の喪中に、仕事も遊びもないまぜ。
「これでイイのだ」

|
|

« 【事業:お遍路】お遍路プロジェクト発表会 | トップページ | 大阪市改革プログラムにもとづく協働まちづくりの大展開を確信 »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【事業:お遍路】お遍路プロジェクト発表会 | トップページ | 大阪市改革プログラムにもとづく協働まちづくりの大展開を確信 »