« 【授業報告予習:地域交通コミュニケーション】5/28⇒6/4 | トップページ | 【M大生活学方法宿題】住まいづくり50の質問 »

2012年6月 7日 (木)

パンを焼くまち

多くの人とコミュニケーションできるまちの暮らしに、パンと豆腐があれば、なお、幸福ではないか。
 福井では、まちの豆腐屋の揚げたてあぶらげを、温かいままで昼食にする幸福があるらしい。芦屋や住吉には高級豆腐店はあるが、西宮にはない。
 美味しいパン屋は多いが、わが西北ではまちの教会×幼稚園がパンを焼いている。
 大きな桜の木の下で、白神酵母の醗酵する匂いを楽しみつつ、できたてのピザをご馳走になった。園長・牧師は、庭の枇杷の実をとっては、子どもに与えている。
 通りがかったご婦人が恐る恐る入ると、私が「はい、いらっしゃい。お客さんだよ」と叫ぶ。

大きな薪釜(右)と、大きな桜の下、パンを焼く匂いのするまちは、楽しい。
 園長、次は豆腐を作りませんか?Img_1763

|
|

« 【授業報告予習:地域交通コミュニケーション】5/28⇒6/4 | トップページ | 【M大生活学方法宿題】住まいづくり50の質問 »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【授業報告予習:地域交通コミュニケーション】5/28⇒6/4 | トップページ | 【M大生活学方法宿題】住まいづくり50の質問 »