« 北村隆一「まちと交通の再生を支えるために」 | トップページ | 竹之内街道 »

2012年6月26日 (火)

【授業:地域交通コミュニケーション:6月25日】報告

梅雨か? 受講生少なく落胆。
みなさん、7月2日は来てくださいね。きっと、面白く、役に立ちますので・・・。
次回は、「コンパクトシティと地域交通計画」

「新交通によるコンパクトなまちづくり」『開発こうほう』2007年3月号、北海道開発協会
を読み合わせ、以下の指摘をした。
・新幹線開業=富山港線高架化可否のタイミングが良かった⇒富山市がビジョンを持っていたから、戦略的に対処できた。
 ex.京阪中之島線は何がしたいのか?ビジョンも戦略も見え辛い。
・弱さを補完する⇒具体の事業展開では
  JR:富山港線のハッピー廃止
  富山市:敷地購入費なしで路線開設
 〔ビジョンでは、相互の強みを出し合うが〕
・公設民営(上下分離)
       計画(公)、建設(公)、運行(民)、運営(民)
 地域協働事業も同じ
       プロポーザル議論(公+民)、事業委託(民)←サポート(公)
・なぜ中心市街地ばかりに税を投入するのか
  中心市街地=経済効果×まちの記憶(郷土愛:未来を拓く)
  生活地域=安全、子育て・ノーマライゼーション(高齢福祉・障害福祉)、移動確保

|

« 北村隆一「まちと交通の再生を支えるために」 | トップページ | 竹之内街道 »

授業(交通まちづくりと土木計画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北村隆一「まちと交通の再生を支えるために」 | トップページ | 竹之内街道 »