« 仏教的「愛」と「信」によるコミュニティ再生 | トップページ | 【授業:大阪まちあるき】20日空堀、昭和町 »

2012年5月15日 (火)

【授業:地域交通コミュニケーション】山口市

「山口市市民交通計画」『土木計画学』
を読んだ上で、以下の議論をした。

■理念

 公平<公正
 数値での説得<プロセス重視の納得
公正=情報公開x(現場議論+第三者)
 ∴ 行政をあてにする依存市民
    ⇒コスト計算までする自立経営市民(行政にもパートナーとして頼る)

■計画実行
長期計画を、役割分担して、楽しそうに実行
        役割分担(幹線計画、結節点整備、広報→行政)
              (運行、幹線運営→事業者)
              (フィーダ計画、運営→市民x行政サポート)
        実証実験の検証

■手法
 免許返納、福祉優待パスの世代間公平化、コミタク、呑まないかデー(notノーマイカーデー)

次回は、「淡路島のコミュニティ交通」猪井先生 を配布した。事前に読んでくるべし。

 

|

« 仏教的「愛」と「信」によるコミュニティ再生 | トップページ | 【授業:大阪まちあるき】20日空堀、昭和町 »

授業(交通まちづくりと土木計画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仏教的「愛」と「信」によるコミュニティ再生 | トップページ | 【授業:大阪まちあるき】20日空堀、昭和町 »