« 日本生活学会大阪大会【授業:観光演習まち歩き】連絡 | トップページ | パンを焼くまち »

2012年5月29日 (火)

【授業報告予習:地域交通コミュニケーション】5/28⇒6/4

5/28は事前に配布した野木さんの200円上限バスの論文とビデオを見て、意見交換した。
6/4、再度、京丹後市上限200円バスを検討した 以下、そのまとめ(補足再掲)

(1) 事実提示の素晴らしさ
利用者増加と財政支出の関係を綿密に計算
7

3

数値、住民の言葉での現状把握⇒到達目標(数値、言葉)
そこまでの工程表を明示

(2)-1 ステージを明確にしたターゲッティング(=「あれかこれか」キルケゴール)
 第一段階 高校生の指示を得た⇒未来への希望
 第二段階 観光客を視野に入れた
 その上に基本ユーザーとしての高齢者
(2)-2 次の一手は 鉄道(KTR)
 ・近隣自治体、京都府を巻き込む
 ・とりあえず土日限定上限200円、次、高齢者終日上限200円上限200円鉄道ニュース
  ←このユーザー目線は現場で考えるから
     希望、未来投資、若者優遇、クルマに頼りすぎない新しい暮らし創造、自信、ブルーツーリズム(漁村の魅力)

(3)「公務員らしからぬ魅力の野木よ、俺が責任取ったる」と言った上司
 市外の公共交通を考える再生塾の仲間・・・。いろんな人間関係があった。
「ワシが責任取る」
 行政内外のネットワーク=chance

5/7(5/8記事)
①プラットフォームづくり・・・タウンミーティングと現場議論
②多面的協働・・・計画(住民)、経営(バス会社)、運行(バス会社)←行政支援
③手法・・・需要はあるのではなく、地域(市場)を開拓して産み出す⇒コーディネート力
④ネットワーキング
は、方法というよりは、正確には方策・手法。
 5/28+6/4(上記)こそが、方法。(クロスする部分はあるが・・・)

6/11授業の予習宿題
 この(1)(2)(3)の方法、及び①②③④の方策で、淡路島の事例を検討せよ!
洲本市大野の場合 (1)(2)(3)の方法、及び①②③④の方策 に該当する事実を洗い出せ
淡路市長沢の場合 (1)(2)(3)の方法、及び①②③④の方策 に該当する事実を洗い出せ
 資料・・・別途配布、他ネットで検索しても長沢は多く出てくる

 

|

« 日本生活学会大阪大会【授業:観光演習まち歩き】連絡 | トップページ | パンを焼くまち »

授業(交通まちづくりと土木計画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本生活学会大阪大会【授業:観光演習まち歩き】連絡 | トップページ | パンを焼くまち »