« 大阪市SB;CBによるコミュニティ参画人材:起業・クリエーター | トップページ | 東金沢停車場線の減車線自転車道化を検証する »

2012年3月25日 (日)

住民協働の交通まちづくりの意見集約手法

大都市で、住民協働ボトムアップ型のバス路線再編・コミバス改廃など交通まちづくりをすすめるには、どのような手法をとるべきか。
 交通は生活に直結するだけに、政治的利権・闘争、議員の圧力・口利き、選挙での無計画公約になりやすい。改変は、大多数のクルマ住民の白い目を横に、住民と住民、住民と行政マン、行政マンとバス会社、行政マンとタクシー会社など、泥試合となり、みーんな、疲れ果てる。
 通常は、住民に4頁以上に及ぶ長ーいアンケートで尋ね、パブリックコメントをして計画をすすめるが、アンケート回収率は低く、パブコメは極少数の閑な爺の突飛意見や団体意見に言い訳して終わり。そのくせ、いざ改廃し出すと、大揉めとなる。地域説明会では、怒号が飛び交い、行政マンは心臓がパクパク。
 どうすれば、良いのか?

 アンケートは、
個人の外出行動(行先、頻度、手段、移動要因)、
現行バス路線への改善要望
住区、年齢、性別
50字以内の自由意見。
タウンミーティング出席希望者は、名前、メールアドレスor住所明示
 のみで答える。
①広報紙に往復はがき様式で綴じ込み、希望の住民が50円切手を2枚貼って投函するか、公共施設等にある箱に投函する。名前を書いて切手を貼った人のみ、返信用はがきにタウンミーティングの日時場所を書いて案内する。
②HP上からメールでアンケートに答えると、タウンミーティングの案内が出るので、住所氏名を書いた人のみ、自動で招待メールを出す。
③庁舎、ホール・公民館・図書館・駅ホーム・学校・スーパー・病院待合室・銀行・郵便局・温浴施設、にアンケートハガキ+ポスターとともに投函箱を複数置き、役所職員が適時回収、アンケート用紙補充をする。
 すべての住民には、参画の機会が与えられているが、氏名を明示し意見発表したものしかタウンミーティングへの案内は来ない。
 以上を、支所ごとに集計数を競い、回収率は役所HP上で公開する。
 記名アンケート・意見記入者のみでタウンミーティングが可能。

100人程度のタウンミーティングで、アンケート結果、個別意見の動向を確認し、意見の語り合うをし、地域交通課題を皆で確認する。
 アンケート意見、タウンミーティングでの発言などを考慮し、有識者委員会でコンセンサス会議出席者十数人を選考する。
 コンサルデータもとに、十数人の市民(報酬支払い)で路線改廃の市民コンセンサスを整理し、社会実験案を検討する(コンセンサス会議)。
 さらに、再度のタウンミーティンングで原案を報告し、地域公共交通会議を経て、社会実験をおこなう。

要は、オープンアクセスにおける責任ある意見のみで、直接議論し、その議論を踏まえる有識市民数十人の市民感覚で、コンサル案を練り上げることになる。
 平等アンケート、抽出アンケートは、一見、市民の声を聞いているようだが、お任せ民主主義では、匿名性のなかの無関心or「個別利益の怒号」しかない。名前をあかして、真っ当に議論することでしか、地域の交通を協働でつくることにはならない。

|
|

« 大阪市SB;CBによるコミュニティ参画人材:起業・クリエーター | トップページ | 東金沢停車場線の減車線自転車道化を検証する »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪市SB;CBによるコミュニティ参画人材:起業・クリエーター | トップページ | 東金沢停車場線の減車線自転車道化を検証する »