« 87-88旧遍路道の細川家住宅 | トップページ | 【授業報告:ワークショップ】9/17-19 »

2011年9月28日 (水)

本日、第0回観光適塾、CSCD共催授業、

長崎さるくの、茶谷招聘教授と森栗とのタッグ。中之島センターで。来年もある。
基調講演の中身  「都市を歩く」意味について
文学博士にして、土木計画学で「はなしあいプロジェクト」
研究履歴から
 地理学・民俗学⇒職人誌(鍛冶技術の伝播、職人町)⇒都市民俗学
  ⇒1995年⇒復興まちづくり(下町長屋コミュニティ論)
    →下町を観光で元気に=兵庫ツーリズム協会プロデューサー茶谷氏との出会
森栗「見えない都市遺産」2004年(ブログにあり)
⇒2004年:住吉台くるくるバス→住民協働型地域交通⇒地域合意形成論
 2007年からCSCDコミュニティ部門
 2011年 土木計画学「はなしあい学プロジェクト」
評価 破滅的現場追随型支離滅裂三流研究者
    
/全方位万能天才型熱血政策関与研究者
1 都市とは
 異なる人々が、その多様性を楽しみ活かし暮らす、暮らし方の場
 Not 人口規模、社会形態、産業消費構造、建築集積ではなく、
         民俗学としてはその価値観・暮らし方が重要だ
 都市の生活機能 村から都市になる(柳田國男:都の鄙) のではなく、
  都市的な価値観が、最初からあった。
■ 互酬(貧しい→助け合い)と放蕩=倫理観(ごろつき:かぶき衆の公腹)
     川(山の口に無言市:折口「女房歌の発生」)・
                                                   
浜(河川改修)・道(鉄道)と都市
     職人と夏祭(祇園祭、天神祭、博多山笠・ダンジリ祭〈大工方〉)
     遊廓と墓地(新地開発)と墓地、河原芝居・河原市・河原宿
     ケガレと都市(「朝鮮人」「沖縄人」「エッタ」、都市周縁の
                                  「かったい村」「おんぼ村」「いしゃ村」「役人村」
                                「役者村」以上差別用語)
2 歩くとは
 人も歩けば(not walking but wander、コミュニケーションにあたる
   曲がった道、坂、何気ない何十年とつづく暮らしの関係性に出会う
 見る……きょうろきょろ見る、場を見抜く(想像しながら)
 聞く……第一歩として「買う」、挨拶する、目線を低くして尋ねてみる
バスがあればバスに乗る。良い景色が見えればバスを降りる(宮本常一)
3 独立市民の登場
   私たちは生きてきたか
   街に笑いがあるか
1995年 ふれあう街(向島)の強さ 公共を創りだすには、自立が必要
2004年 終の棲家を求め住吉台くるくるバス・・・インフラをシェアする人々
2011年 大阪市地域活動協議会の始動

|
|

« 87-88旧遍路道の細川家住宅 | トップページ | 【授業報告:ワークショップ】9/17-19 »

授業(まちなか再生とツーリズム)」カテゴリの記事