« 『原子力政策学』神田・中込編、2009年、京都大学学術出版会 | トップページ | にしきた商店街の感性・つながる心 »

2011年4月 9日 (土)

金剛峰寺で阿字観講習を受ける

真言密教の瞑想法:阿字観を受けに高野山金剛峰寺に行ってきた。
 午前中に登録し、時間があったので、大師教会前の木造モデル住宅に行く。高野山には、100年を越える間伐材が出るが、木材流通が不十分なためその活用が難しい。そこで林産資源活用の会社がモデル住宅を作って、森林資源活用を訴えている。
 12:30大師教会講堂に全国から25名が集まった。
 まず、菩薩十善戒を受け、説法を聞いた。
次に道場で、呼吸法・座り方・法界定印の指導を受け、アの発生から瞑想する指導を受ける。
最後に、般若心経の写経をする。
それぞれ、手に香をしたため、戒→定→慧 の流れを体験させていただいた。Img_0532

夕方、南海電車で帰った。直通ではなく、高野山極楽橋ー橋本間の2両のワンマン電車。箱根登山鉄道などと、全国登山鉄道の連携を誇っていた。車内には、高野下からの標高上昇がグラフ掲示(右扉上)されていた。Img_0540
 大手の南海が、大阪からの直通にこだわらず、ローカル山岳鉄道に徹する心意気が良い。山の桜、山村棚田を見下ろし、雲の中を抜けて走る電車は、確かに乗りごたえがある。Img_0537

|
|

« 『原子力政策学』神田・中込編、2009年、京都大学学術出版会 | トップページ | にしきた商店街の感性・つながる心 »

お遍路」カテゴリの記事