« 金剛峰寺で阿字観講習を受ける | トップページ | 【武庫J大:生活学方法予習】論文「長屋の住み方」、プレゼン「長屋と町家」 »

2011年4月12日 (火)

にしきた商店街の感性・つながる心

Img_0001 私の住むにしきた商店街(阪急西宮北口駅)の顧問をしている。今日、会議に出ると、震災チャリティのコンサートを開くという。題して「なみだは重き ものしかあるかな」
 
この言葉の感性、デザイン、遠くの人への思いが伝わる。素晴らしい。
 私の町は、こういう誇るべきまちなのだ。でも、大学の仕事があって、コンサートには出れないが・・・。

※ 石川啄木の「しっとりと なみだを吸える砂の玉 なみだは重きものにしあるかな」(一握の砂)による

|
|

« 金剛峰寺で阿字観講習を受ける | トップページ | 【武庫J大:生活学方法予習】論文「長屋の住み方」、プレゼン「長屋と町家」 »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事