« 伊予鉄のバリアフリー | トップページ | 53番ー54番浅海大師堂、菊間青木地蔵堂 »

2011年4月 6日 (水)

52番大山寺(松山市)の境内茶屋

松山北部の三津浜に大山寺がある。一の門の内に門前町があり仁王門がある。その内側山門までの山中に5軒の接待宿があった。その一軒では赤い番傘をさして茶店をしている。布袋という苗字のお家の奥さんが地域の人のたまり場として運営している。茶店の庭には、昔、遍路が疲れて、杖を投げ捨てたので注意したところ曲がり竹になったといわれるものが、現生している。別の遍路宿では、こんにゃく田楽が名物で、子規の句にある。Img_0505 Img_0504 Img_0503

最近、伊予鉄三津浜駅から町内を廻り大山寺の仁王門まで来る150円バスが走るようになった。高齢化のため遠のいていた地元のお参りが、このバスで復活した。皆、お参りしては、この茶店で家庭の愚痴を話していくという。
 お寺と茶店とバス、こんな小さな地域のコミュニケーションも大切だ。

|
|

« 伊予鉄のバリアフリー | トップページ | 53番ー54番浅海大師堂、菊間青木地蔵堂 »