« 某第三セクター鉄道の悲劇 | トップページ | 土地を私物化しない町は栄える① »

2011年2月15日 (火)

液晶とリチウム電池と高野山

液晶シェア
サムスン電子が25.7%、LGディスプレーが20.3%と韓国2社に続き、台湾の友達光電(AUO)が17.0%、奇美電(CMO)が14.0%、次いで日本のシャープが8.4%
Li乾電池シェアも、2006年はサンヨー28%、ソニー20%、松下15%、サムスン10%、LG5%、だったのが、2010年、サムスンSDI 20.1%、サンヨー19.9%、LG化学15%、ソニー12%、天津力伸6.5%。

中国では、バイクはかなり電動になってしまったし、電気バスはBYD(比亞通:1995年設立)がLi-FePO4(燐酸鉄正極リチウム)電池で324kWh出す電池で、モーターが90W×2で航続距離250km、屋根に太陽電池を載せた大型バスを湖南省に1000台納入したという。Thunder Sky(雷天電池:1998年設立)は、100kWhの燐酸鉄正極リチウム電池で60kW(最大120kW)のモーターで280kmの航続距離の小型バスを数百台販売したという。2015年には電動車両に関する100以上の標準仕様を策定し、2020年には交通分野での石油由来のCO2を20%削減するという。

境哲男(産業技術総合研究所)さんの講演に度肝を抜いた。
若干、???もあるが、内にこもる安全志向の学生を見て、
「これじゃイカン!」「私に何ができるのか?」
 不安にかられて、雪の高野山奥ノ院に行き、在家の経をあげた。
「あんたが慌ててもしゃーないやろ。できることはまだまだある。あんたの役割もあるやろ?」というような安心感で、夕方、山を降りた。Img_

 

|
|

« 某第三セクター鉄道の悲劇 | トップページ | 土地を私物化しない町は栄える① »

環境」カテゴリの記事