« 交通まちコミニュケーション概論授業計画 | トップページ | なぜ平均6000kWコジェネ発電を需給組合44社に供給できたのか »

2010年10月15日 (金)

西奔西走

12日山口市大歳地区のクルマに頼りすぎないまちづくりを語合い、北九州市環境モデル都市を視察し、14日、広島で広島交通連携の事後展開を中国運輸局と打合せ、偶然、セミナー講師の国交省交通計画課長と遭遇、皆で新法制以後の地域交通計画の展開を語合った。深夜帰宅。法律立案で苦労している担当と、現場を預かる者、学識がこの国の地域交通の将来を一緒に考えるのは、有意義で楽しかった。

北九州では八幡製鉄所に入り、コージェネレーション発電と送電システム、排熱利用、水素利用等の説明を受け、技術者と語合った。「神戸で使える」と確信した。

15日は、立命館大学で、防災における文系と理系技術の融合に関して、講演をする。実は、旅先でプレゼンを作っており、未完成。八幡製鉄所の環境活用は明日にして、朝食後、準備せねば・・・。

|
|

« 交通まちコミニュケーション概論授業計画 | トップページ | なぜ平均6000kWコジェネ発電を需給組合44社に供給できたのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事