« 地方都市のコミュニティタクシー | トップページ | 民生部門低炭素化のための計測と追加性 »

2010年7月27日 (火)

続・地方都市のコミュニティタクシー

A市には、近郊1、田園5、過疎地2のコミュニティタクシーを住民が運行している。市は乗車率30%、収支率30%をめあすに、運行補助をしている。近郊のb地区が60%の乗車率、c地区32%、d地区58%、e地区49%、f地区78%の成績を残している。週3日(月、水、金)、3~4便/日という抑制のきいたダイヤで、最低限の移動を、効率的に確保しようとしている。

ただ、収支率を30%確保するのは厳しい。今後は、タクシー会社との契約を検討する必要があろう。タクシー会社も、せっかく走ってきたコミュニティタクシー=職場を守る意味からも、柔軟な対応が望まれる。
 一方で、住民側もかかさず乗ってくれるディープユーザーの開拓をすすめる必要がある。免許返納制度を活用して、利用者を誘い込むことが必要であろう。
 行政としては、デマンド運行など、より経費が少ない移動確保手段を提示する必要があろう。

|
|

« 地方都市のコミュニティタクシー | トップページ | 民生部門低炭素化のための計測と追加性 »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事