« 低炭素に関わる総合計画とは何か | トップページ | 住民の面が向く住民協働 »

2010年6月30日 (水)

■オレンジカフェ 7/1 在住外国人との語り合う(1)
在住外国人と語り合いカフェ(7/1, 7/15)
現在、箕面市では2,200人余りの外国籍市民が暮らしています。彼らの率直な思いをじかに聞いてみませんか。言葉や文化が異なる人同士が、互いを尊重し合うためには何が大切なのか、共に考え、語りあいましょう。
●在住外国人との語り合いカフェ(その1)  
第1回 7月1日(木) 午後7時~9時(午後6時30分から開場)
場 所 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部I棟1階「オレンジショップ」
参加費 無料
定 員 30名(子連れ参加OK)
共催  箕面市国際交流協会 
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp
申 込 (財)箕面市国際交流協会
    tel:072-727-6912 fax:072-727-6920 e-mail:
info@mafga.or.jp
    http://www.mafga.or.jp 
カフェマスター:森栗茂一(CSCD教員)

●在住外国人との語り合いカフェ(その2)  
第2回 7月15日(木) 午後7時~9時(午後6時30分から開場)
場 所 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部㈵棟1階「オレンジショップ」
参加費 無料
定 員 30名(子連れ参加OK)共催:箕面市国際交流協会 
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp
申 込 (財)箕面市国際交流協会
    tel:072-727-6912 fax:072-727-6920 e-mail:
info@mafga.or.jp
    http://www.mafga.or.jp 
カフェマスター:森栗茂一(CSCD教員)

■まちあるきカフェ「学生が語る京阪神まちの魅力」
日時 7月2日[金] 19:00-21:00
定員 30名(申し込み不要・当日先着順)

於 京阪なにわ橋駅B1 ラボカフェ
大学院共通科目で学生が、天神橋筋、三休橋筋、空堀、昭和町、西陣、芦屋岡本御影を歩いた。学生らの語り合いに、空堀の仕掛け人、建築家六波羅さんに木造家屋の魅力、まちの資源の活かし方などの方向から、コメントいただき、学生が書を捨てまちに出る意味を考える。
ゲスト 六波羅雅一(からほり倶楽部)
カフェマスター 森栗茂一(大阪大学CSCD教員)

|

« 低炭素に関わる総合計画とは何か | トップページ | 住民の面が向く住民協働 »