« 自動車は強い。されど、市民はもっと強い…くるくるバス開通5年目調査 | トップページ | カーボンオフセット駅とエコ育マンション »

2010年3月18日 (木)

駅のベンチと阪急100周年

朝、駅構内で、本社からの応援であろう若い社員が大声で朝日新聞の広告紙を配っている。「阪急電車は本日、100周年を迎えました。ありがとうございました。これからもよろしくお願します」と。新聞を読むと、100年前、箕面有馬電気鉄道が開通したそうだ。
 その記念事業であろうか、駅のベンチが一新された。昔の国鉄の駅には、重厚な木と鋳物のベンチがあった。最近は、プラスチックの青や赤であった。ところが、記念事業であろう、駅の全てのベンチが、濃茶(マルーン色)の美しいベンチに変わっている。電車の色とマッチして美しい。沿線住民としては、ちょっと鼻高である。
流石、阪急。Img_00561_2 写真は阪急石橋駅

|
|

« 自動車は強い。されど、市民はもっと強い…くるくるバス開通5年目調査 | トップページ | カーボンオフセット駅とエコ育マンション »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事