« 厳しい時代を軽やかに生き抜く講演 | トップページ | 続にしきた商店街 »

2009年12月10日 (木)

アートフルにしきた商店街

阪神間で最大の商店街は阪神尼崎の三和商店街。春早々に優勝マジックを掲示するタイガースけばけばで有名。次がにしきた商店街。
 阪急西宮北口駅の南は芸術文化センター、阪急ガーデンズ、北東は再開発ビルアクタ。北西が昔ながらのにしきた商店街。140店舗のうち居酒屋・レストランが45なのに中華が一つ、医院が17、美容院が9なのに理容はない。不動産屋が13、金融が7。夕方は塾帰りの小中学生で賑わう。生鮮が一店も無い。喫茶も2のみ。画廊、陶工房、音楽院があり、商店主も絵画や音楽、木工をたしなむ者が多い。
 昨日、旬歌膳と称して、プロの声楽と旬の昼食を楽しむ会があり、40人が参加したという。呑み屋やバーのみならず、地元の味を地元民に味わってもらおうという試み。毎第一日曜には川掃除をやっており、それに関わり知り合い、今では商店街顧問。顧問とはいうものの、旬歌膳のアンケートを作った。アソビのような仕事(まちづくり参与観察)で地元に関われるのは幸福なことである。

|
|

« 厳しい時代を軽やかに生き抜く講演 | トップページ | 続にしきた商店街 »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事