« 函館まちめぐり | トップページ | 本居宣長記念館の説明力 »

2009年11月25日 (水)

白内障手術

24日、日帰り手術をした。視野が欠けてくる緑内障を抑える点眼薬は効いているが、左眼の白内障が激しい。まぶしい。白濁して見える。ずっと、加齢性緑内障のせいだと思ってきたが、チーム医療勉強会で講演した大阪市の病院で、白内障手術をすすめられた。阪大名誉教授が開発した簡単、安全な手法で、わずか7分。リラックスして受けられ、丁寧に説明して心電計装置をつける。自由に医師に質問できる雰囲気がある。レンズ内の白濁を吸い取るとき「少し重く感じますよ」、「うまくできました」、「軟膏をぬります」といちいち説明してくれる。眼にメスを入れるのであるから、素人は怖がる。逐一の説明が、信頼感を増すことを実感した。ということで、片目では記事を書き辛い。本日、ここまで

|
|

« 函館まちめぐり | トップページ | 本居宣長記念館の説明力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事