« 白内障手術 | トップページ | 利用者目線に立てない三重交通 »

2009年11月25日 (水)

本居宣長記念館の説明力

近鉄の特急往復+伊勢・志摩周遊(特急も含め4日間)+遊覧船・遊園地・温泉・博物館など大阪から9500円(特急大阪ー賢島往復7620円)「まわりゃんせ」に、松阪が入っていた影響か、松阪で牛を食べようと降りる人も多い。しかし、松阪では、三井越後屋の祖先地、それに斎宮(皇室の伊勢神宮祭祀者の遺跡)博物館、宣長資料館は見もの。宣長資料館は、学芸員の解説が秀逸、わかりやすい。几帳面さを表す均一な文字、文献・学習から食事リストまで記録魔だったこと、引きこもりで文献を読みあさったこと、理詰めの宣長と、天才肌賀茂真淵との通信教育など、展示を丁寧に案内していただいた。教科書で聞いた宣長をより深く理解するのに有益。鈴の屋もすばらしい。入場料は300円、まわりゃんせで無料だが、解説は2000円以上の値打ち。

|
|

« 白内障手術 | トップページ | 利用者目線に立てない三重交通 »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白内障手術 | トップページ | 利用者目線に立てない三重交通 »