« 震災体験交流修学旅行(追加) | トップページ | 会津大内 »

2009年10月31日 (土)

播磨屋東京霞ヶ関フリーカフェ

わが兵庫県のおかき屋が花のお江戸でフリーカフェを開いたと聞いて、行ってみた。おしゃれな店舗に、おかきとコーヒーのフリー。多くの人で賑わっていた。一人のビジネスマンの横に同席し、少し聞いてみた。Img_00371 Img_00331

Img_00351 以前は、贈答の文字を書いてもピシッと書き、丁寧だった。タダということで人気が出てくると、贈答売り場での店員さんの丁寧さが抜け、店内がガサツになってきた。昼過ぎはいっぱいで、ゆっくりできない。

という。環境理念を大切にする播磨屋にとって、ファンであったお得意様のこの発言は無視できないと思う。

タダはインパクトがある。無限定のもてなしである。が、一方で、タダは人間の価値をおとしめることもある。人間は、己の暮らしと他者への配慮を、節度をもって見つめることが重要で、タダだからこんなものと設定した使い勝手の悪いバスは、結局、税金の無駄遣いになる。タダで高齢者に無料パスを配って莫大な赤字を計上しても、急速な高齢社会のなかで、「利用せにゃ損」と押しかける体力ある人だけが高齢者満員のバスを利用する。タダだから良かろうというのが、すべての高齢者を敬ったことになっているのだろうか。

播磨屋のねらった、おかきと茶による無限定のもてなしが、もし、結果としてコミュニケーションレスに貢献してしまっているとしたら、せっかくの努力が本末転倒ではないかと、同郷の者としては憂えるのである。

|
|

« 震災体験交流修学旅行(追加) | トップページ | 会津大内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 震災体験交流修学旅行(追加) | トップページ | 会津大内 »