« 福澤諭吉『文明論の概略』第1章 | トップページ | 大阪水辺とコミュニケーション »

2009年9月18日 (金)

宣伝+政策実現の基礎理解

土木文化カフェ(その1)「空海の密教から、生活者視点の技術計画を再検討する」
日時 9月19日[土] 16:00-18:00
定員 30名(事前申込制)
土木工学は正義を目的とするが、技術の先行により市民目線から離れることも少なくない。空海は古代宗教者であり、かつ土木博士である。空海の曼荼羅思想から、土木計画の本来あるべき方向を議論したい。
ゲスト 秋山孝正(関西大学教授)
     藤井聡(京都大学教授)
カフェマスター 森栗茂一(大阪大学CSCD教授)
[申込方法]kurimori2007@maia.eonet.ne.jpに件名「土木文化カフェ」でメール送付

再生塾の研修で、某府県のMさんから、グループワーク論を教えてもらった。これをヒントに政策実現の基礎理解を提示する。思い当たるところがありますねえ・・・。

■課題発見■
 気づかなければ変わらない
 気づきの阻害要因
   存在軽視(何も問題がない)
   意味軽視(大した問題でない)
   可能性軽視(できっこない)

■すすめ方
 集団漸進
 私発協働
 混乱膠着は優位機会
 多視構造化

■ルール
 傾聴第一、論争第二
 伝達責任、傾聴責務
 想像力は創造力
 評論・常識は禁止
 対案論争

■禁止事項■
 同調圧力(上司、多数意見に従う)
 リスキーシフト(行け行けどんどん)
 無作為責任(まあエーか)

■政策、施策、対策の明示化
 ビジョンによる政策、戦略のある施策、戦術のある対策。ここを混乱してはいけない。

■戦略的小島式SWOT
 ① あるべき姿を提示
 ② 外部(機会、脅威)を把握
 ③ 内部の強み、弱み
 ④ 強みの強化>弱みのカバー
 ⑤ チェック・・・強みの更なる強化/リスクマネージメント
 ⑥ チェック・・・提案ある弱み指摘

 ⑦ 改善案の優先順位決定

|
|

« 福澤諭吉『文明論の概略』第1章 | トップページ | 大阪水辺とコミュニケーション »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福澤諭吉『文明論の概略』第1章 | トップページ | 大阪水辺とコミュニケーション »