« 有馬温泉に行くのに、さくらやまなみバスは経済的 | トップページ | 遍路の危機管理:杖・白衣・傘・鈴の意味 »

2009年6月 8日 (月)

【交流ツーリズム:遍路ころがし⇒立江・大竜寺に変更】

7日、中之島センターで専攻研究を誰にでもわかるように短く話す自己紹介、クルマ遍路問題・歩き遍路の課題、コミュニケーションとしてのお接待、遍路の危機管理などについて議論した。

7月18-20日の予定について、当初予定の12番札所焼山寺の宿坊が夏期休業とわかり、参加者の意向を聞いた。結果、宿坊希望が多かったので、以下のように変更することを内諾しました。詳細は後日。

18日徳島ー地蔵越ー18番恩山寺ー19番立江寺(夕方読経講話)泊(20km、体力にあわせ一部JR・小松島市営バス利用も可)(門前に遍路用品販売店あり)

19日早朝19番立江寺出発(6km)-沼江不動前(ローソンあり)-4km(バスあり)-生名(登山口)-3km-20番鶴林寺(山)-降りて登って7km-21番大竜寺ー3km下りー遍路民宿(遅くて疲れた人は宿のクルマで迎えを出す)

20日民宿発ー8km路の駅経由ー22番平等寺(箱車見学)-10km(月夜御水・弥谷観音)-JR由岐駅ーJR徳島ーバス

▼個別の夏期体力、連休の渋滞、翌日の仕事など状況に合わせ、カットや、車迎え、公共交通利用をする。病院情報・集合時間等は、ブログ上で直前要確認

|

« 有馬温泉に行くのに、さくらやまなみバスは経済的 | トップページ | 遍路の危機管理:杖・白衣・傘・鈴の意味 »

授業(お遍路コミュニケーション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【交流ツーリズム:遍路ころがし⇒立江・大竜寺に変更】:

« 有馬温泉に行くのに、さくらやまなみバスは経済的 | トップページ | 遍路の危機管理:杖・白衣・傘・鈴の意味 »