« 褒貶毀誉委世評の日々 | トップページ | 幹線道路8kに沿って自転車を走らす »

2009年4月 7日 (火)

エリアマネージメントの先進事例とその課題―特区および高島平モデルから

【告知板】都市住宅学会関西支部総会記念してフォーラムをします。入場無料。一般歓迎。学生大歓迎。

エリアマネージメント・コミュニティの活性化に個別の妙手はありません。全国で展開する新潮流とその旗手に学び、地域課題を明確にして挑戦することではないでしょうか。そういう意味で、都市住宅学会関西支部では、内閣府におかれまして特区の創設・運用に長年関わってこられた服部敦先生と、学生の参加・地域通貨で高島平団地の再構築と持続マネージメントを先導的モデルにされた山本孝則先生に、話題提供をしていただき、米国の大学と地域まちづくりに詳しい気鋭の研究者:近藤民代先生(神戸大)にコメントをいただきます。

開催日時:平成2122日(曜日) 13:15~130(終了後、懇親会)

開催場所:住まいの情報センター3Fホール(大阪市天神橋筋6丁目駅北改札右と地地下でつながっている)

出演

趣旨説明 積水ハウス設計部長(都市住宅学会関西支部 常議員) 前田雅信 

特区を利用した地域活性モデルの先進事例と課題 内閣府近畿総括本部・中部大学教授 服部敦 氏

高島平の多世代マネージメントについて 高島平総研 高島平再生プロジェクト統括責任者  山本孝則 氏

コメンテーター 米での大学ベース型コミュニティデザインとの比較から見えるもの

神戸大学大学院工学研究科建築学専攻准教授 近藤民代 氏

コーディネータ 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授 森栗茂一 氏(都市住宅学会理事)

|
|

« 褒貶毀誉委世評の日々 | トップページ | 幹線道路8kに沿って自転車を走らす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/29330369

この記事へのトラックバック一覧です: エリアマネージメントの先進事例とその課題―特区および高島平モデルから:

« 褒貶毀誉委世評の日々 | トップページ | 幹線道路8kに沿って自転車を走らす »