« 伊達愛のりタクシーは商工会議所がミソ | トップページ | 急坂住宅地の移動確保 »

2009年3月17日 (火)

大阪大学教育・研究功績賞 受賞

私事ですが、この度、大阪大学教育・研究功績賞を受賞しました。学生を町やお遍路に連れ出し議論し、公共交通や観光、協働まちづくりの講演・委員会・会合に全国を歩き、自治体の職員、組長さん、市民とともに考えてきた社学連携が評価されました。

国交省管轄交通工学研究会技術賞、阪急彩都まちづくり大賞銀賞、日本生活学会今和次郎賞も栄えある受賞ですが、自分の大学で表彰されるのは極めて嬉しい。

思えば、独立行政法人で経営が苦しくなった大阪外大では、語学以外は不要と言われ、(森栗の研究は)「小学校の夏休みの宿題みたい。学生を遊ばすな」「不要人物」とチャットで書かれ、事務職も口をきいてくれなくなり、退職を決意して、人生諦観でお遍路に出た4年前を思い出します。それが、今、大学院共通科目になって、大学院生は活き活きと語り、町の人々は学生にふれて元気を取り戻し、自治体職員はやる気になる。ありがたいことです。

世の中、技術やカネだけでは動きません。互いに出会い、現場で語り合い、信頼し、心を動かすことでしか、技術や学術は活かせない。そんな教育研究がしたいという志が、大阪大学で認められた。出会った多くの方、ブログを見ていただいている方に心から感謝して、ご報告申し上げます。

で、その大学どうなったかって? なくなりました。    そんなこと言った人は?    さあ?

|
|

« 伊達愛のりタクシーは商工会議所がミソ | トップページ | 急坂住宅地の移動確保 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/29330423

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪大学教育・研究功績賞 受賞:

« 伊達愛のりタクシーは商工会議所がミソ | トップページ | 急坂住宅地の移動確保 »