« 住民自治のプラットフォーム | トップページ | 「老い」の位置:『老いの近代』『老熟の力』 »

2009年3月 4日 (水)

予算がないときの施策

13日、北海道で講演をする。雪も心配だが、そろそろ、皆様に納得してもらえる内容にと、悩み出した。

北海道は、ただでさえ農業経営が厳しく土木事業が減って苦しい。この不況でデパートも閉店した。産炭地など破綻自治体も多く、都市部の話をしても、知識として理解しても、得心がいかないだろう。具体的な施策に活かせるよう、やる気になってもらえるように、考えた。

そもそもカネがないのでやる気が起きないというが、そういう連中は、カネがあるときも無駄事業をしてメロン城・赤毛のアンなど無計画なハコモノを作って、今日の事態を招いたのではないか。住民のために知恵を出すのは、むしろカネがないときではないか。工夫している自治体を見ているとそう思う。今こそ、知恵のある、心ある役所は、住民と一緒になって、知恵を搾り出すときだ。Img_0434

施策や役所は人がやるもの。人がやる気になれば、何でもできる。信じよ!さらば救われん。

|
|

« 住民自治のプラットフォーム | トップページ | 「老い」の位置:『老いの近代』『老熟の力』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/29330451

この記事へのトラックバック一覧です: 予算がないときの施策:

« 住民自治のプラットフォーム | トップページ | 「老い」の位置:『老いの近代』『老熟の力』 »