« 和歌山電鐵の志:タマ駅長は神様 | トップページ | 卒業生の進路 »

2009年2月 1日 (日)

狭小住宅に、塀や門は必要か?

我が家は、梅田12分、三宮13分の駅まで6分。広さより利便をとれば、114㎡が限界。この敷地面積で許された範囲で最大の建築面積をとれば、家の正面に車庫、それに自転車置き場をとれば、庭はほとんど不可能。Fig1前は4mの位置指定(建築基準法第42条第5項)道路であり狭い。ならば、塀も門もなしとした。ついでに、コンクリート舗装もやめた。

ところが、犬猫も喜んだ。野良や、つないでいない犬の、憤慨(糞害)に耐えない状況となる。しかたなく、写真のようなデザインで、窮状を訴えたところ、難問解決!Fig2

便利なところなのでクルマに乗らない。最近、クルマを手放した。ところが、クルマを停めないと、室内が道路から丸見え!。しかたなく、1/4ほどに木を植え、1/4 を木製可動式鉢置きとした。Fig3(平面、立面図:Y・T氏製図)

|
|

« 和歌山電鐵の志:タマ駅長は神様 | トップページ | 卒業生の進路 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/29330509

この記事へのトラックバック一覧です: 狭小住宅に、塀や門は必要か?:

« 和歌山電鐵の志:タマ駅長は神様 | トップページ | 卒業生の進路 »