« 44番大宝寺と46番浄瑠璃寺:凡人の小さな帰依僧 | トップページ | 愛媛県内子ー44番札所間の突合集落 »

2009年1月 1日 (木)

49番浄土寺:お遍路とクルマトラブル

第49番札所浄土寺は、伊予鉄久米駅前の狭い住宅地のなかにある。バス駐車場もお寺から距離がある。乗用車は狭い路地から門前駐車場に入る。

Img_0350納経所では、賃借している駐車場代のささやかな志納を求めているが、支払わないクルマ遍路も多い。挙句、「看板がわかりにくい」「バス駐車場が遠い」とクレームがつく。なかには、個人の門前にクルマ遍路が駐車し、隣家と争論し住職が呼び出されたり、狭い道に隣家の庭木の先を折りつつ、マイクロバスが無理やり進入することもあったという。年々、クルマ遍路のマナーが悪く、エンジンをふかす、タバコを吸いながら境内に入る、ゴミを置いていく、注意をすれば、居直る、逆切れする…。

クルマは便利だ。体力のない方、時間のない方も遍路ができる。しかし、クルマ遍路が増えるなかで、四国の方々が持っているお遍路に対する信頼感が、今、揺らいでいる。クルマによる個人消費主義、少しでも歩くのが嫌、少しでも時間をとられるのが損、停めるのはタダ・サービスだという主張が横行している。札所と近隣住民の困惑の前で…。

|
|

« 44番大宝寺と46番浄瑠璃寺:凡人の小さな帰依僧 | トップページ | 愛媛県内子ー44番札所間の突合集落 »

お遍路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/29330579

この記事へのトラックバック一覧です: 49番浄土寺:お遍路とクルマトラブル:

« 44番大宝寺と46番浄瑠璃寺:凡人の小さな帰依僧 | トップページ | 愛媛県内子ー44番札所間の突合集落 »