« 【今日の授業】大阪市バス改善【更新情報】授業資料 | トップページ | 世に遠い一つの湯治場 »

2009年1月20日 (火)

過疎地鉄道のニーズ開発

いわて銀河鉄道では、高齢者が通院で盛岡に行く時、運賃を85%(介護同伴65%)に割引(あんしん通院切符)。しかも、アテンダント(ワンマン電車内で有償ボランティア)が、乗車確認しカイロや膝掛けを配る。最寄り駅無料駐車場や盛岡駅乗り合いタクシーを携帯で手配してくれる(指定病院は@200円)。
確に高齢者の運転には課題が多いが、近所の駅までなら、安心。町に出ると、混乱する高齢者も多い。家族も最寄り駅までなら、送迎可能なケースも多い。
(読売新聞岩手版2009年1月20日)

|
|

« 【今日の授業】大阪市バス改善【更新情報】授業資料 | トップページ | 世に遠い一つの湯治場 »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/29330531

この記事へのトラックバック一覧です: 過疎地鉄道のニーズ開発:

« 【今日の授業】大阪市バス改善【更新情報】授業資料 | トップページ | 世に遠い一つの湯治場 »