« 社会心理学初歩 | トップページ | 大阪の市民力を結集するコミュニティ協会講座を5日夕開催 »

2008年12月 5日 (金)

自転車と赤字バス

Email0004_22万円以下の中国製自転車が普及し、駅前の駐輪場は満員。歩道上は放置自転車であふれかえっている。大阪は昼間人口当たりの放置自転車数日本一であるが、バス赤字でも日本有数。

図をみると、駅から500m~5kmは、自転車が一番速い。バスは太刀打ちできない。おまけに、自転車駐輪が200円くらい。バス往復400円では家計的にも太刀打ちできない。本数もばらばら、遅れもあれば、5km以内で、駅乗継のためにバスを待つ人はいない。しかも、自転車を放置すれば、無料で駅に行ける。だからバスは赤字になる。

ではどうすれば良いか。大阪市交通局も考えていて、バスで地下鉄乗継する場合、バスが100円になる。乗継定期もある。すばらしい商品である。

しかし、バスに乗って300円支払い、地下鉄200円区間の乗継切符を受け取り、230円区間なら、駅で清算するという。何ともわかりにくく、面倒な制度。これでは普及しない。商品アイデアは良いが、流通(利用勝手)がダメで、広報コピーインパクトもない。

いっそ、駅近バスは前乗で100円ではどうか。「駅近バス100円」で、実質乗継制度を活用して、自転車利用を減らせ。ちなみに、大阪市の場合、駅の自転車利用の7/8は乗継である。また、放置自転車対策や近隣周りの赤バスに、それぞれ十◎億円が毎年使われている。

平松市長なら市民目線で、こんな財政支出圧縮・サービス向上に着手されるのではないだろうか。

|
|

« 社会心理学初歩 | トップページ | 大阪の市民力を結集するコミュニティ協会講座を5日夕開催 »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/25921508

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車と赤字バス:

« 社会心理学初歩 | トップページ | 大阪の市民力を結集するコミュニティ協会講座を5日夕開催 »