« 彦根花菖蒲通りの市民活動 | トップページ | 今晩の篤姫最終回でも見て、誇りある負け方の智慧を学べ »

2008年12月13日 (土)

グルノーブルの自転車レーン

Rimg0028_2Rimg0046 最近、自転車と歩行者との事故が多い。日本では、自転車の走行空間が保証されず、車道から追い出された自転車が、歩行者と交錯しているからだ。     フランス・グルノーブルでは、一方通行道路でも、自転車とタクシーだけは双方通行であったり、自動車トラムの停留所に駐輪場があり、歩道と同様に自転車走行空間が確保され、その外側に駐車スペースがある。日本のように、路側帯という場の、迷惑駐車スペースが、走行車両の迷惑や自転車走行を妨害することはない。                    

Rimg0086_2 

|
|

« 彦根花菖蒲通りの市民活動 | トップページ | 今晩の篤姫最終回でも見て、誇りある負け方の智慧を学べ »

交通を活かしたまちづくり」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/26148609

この記事へのトラックバック一覧です: グルノーブルの自転車レーン:

« 彦根花菖蒲通りの市民活動 | トップページ | 今晩の篤姫最終回でも見て、誇りある負け方の智慧を学べ »