« 年末ショート遍路の交通対策 | トップページ | グルノーブルの自転車レーン »

2008年12月12日 (金)

彦根花菖蒲通りの市民活動

Dvc00040 ひこにゃんでブレーク中の彦根城下町に、花菖蒲通という町家を活かしたまちづくりがある。関ヶ原西軍のしまさこにゃん、石田みつにゃんなど、ひこにゃんと張り合ったキャラクターを、町の人が作り出している。

自転車屋さんは宇喜田家紋を前に、エコを主張し、キャリア付自転車や自転車タクシーを研究している。  Dvc00045 

元風呂屋さんには、自家製紙の合戦道具が並び、そなえている?

実は、ここは川を移動させたあとにできた河原町であった。漆屋、木地師や、飾カネ職人など山から街道から職人が城下端町に集まり栄えた。川向こうの仏壇街は、その関連である。

現代では、商店街を振興するのは厳しい。しかし、地域の歴史や暮らし方を、キャラクターとともに考え、活かそうとする動きは、密かに彦根ファンを増やしている。がんばれ!花菖蒲通。

|
|

« 年末ショート遍路の交通対策 | トップページ | グルノーブルの自転車レーン »

まちなか再生とツーリズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1132866/26130796

この記事へのトラックバック一覧です: 彦根花菖蒲通りの市民活動:

« 年末ショート遍路の交通対策 | トップページ | グルノーブルの自転車レーン »